スポンサードリンク



カテゴリ:
先月もブログの検索ワード1位は「ジェットスター」でした。そのうち「ジェットスタのっちのぶろぐ」にしてPerfumeファンにも読んでもらえるブログにしようかと思う今日このごろ。毎日暑いですね。
0bb38ac2c5b544d5848852ff4fdeb28b

恒例のジェットスターで一人旅、今回は成田−大分を片道3990円で購入。日帰り弾丸旅行です。
27

お目当てはもちろん「温泉」。中学の修学旅行ぶりの別府に向かいます。
DSC_0308

日帰りスケジュール

往路:8時30分発 10時20分着
SnapCrab_NoName_2014-7-25_8-59-45_No-00
復路:19時05分発 20時45分着
SnapCrab_NoName_2014-7-25_9-0-4_No-00
大分空港着→空港バスで別府へ→別府駅から地獄めぐりへバス→別府駅から大分駅へJR→大分駅から大分空港へ空港バス
という行程をたどりました。さあ、弾丸ツアー開始!

東京−大分 日帰り旅行

8時半のフライトだと、7時45分に成田着でいいので多少余裕があります。沖縄便、福岡便なんかもこの時間帯。
42

今日もサクッと出発です。
DSC_0259

1時間50分で大分空港到着。こういうブランディング大切ですね。
DSC_0263

「おんせん県」猛アピール。
DSC_0265

バスで別府まで50分、大分空港は街から遠い。そしてバス高い。成田−東京駅が900円で1時間ですからね。
DSC_0267

大分空港からのバスは、別府駅には停車しません(すごいよね)。「別府北浜」という駅から徒歩5分ほどのターミナルで降りることになります。これは「別府タワー」。
DSC_0270

ど、どんなエッチなビルなんだろう…。
DSC_0273

さすが温泉の街別府。あちこちでお湯がわき出しています。
DSC_0275

公衆浴場も安い。200円。
DSC_0277

歩いて別府駅に到着。だれこのおじちゃんwww
DSC_0280

駅前でもお湯が湧きだしてる。
DSC_0291

「手湯」あちちちちち。
DSC_0292

大分名物「とり天」「りゅうきゅう」

まずは腹ごしらえ。駅前1分にある「とよ常」さんへ。
DSC_0281

別府駅徒歩1分、「とよ常」で名物のとり天&りゅうきゅうに舌鼓 : たのっちのぶろぐ by @tanocchi


「とり天」「りゅうきゅう」、そして地元の焼酎をいただきました。
DSC_0287

あー。うまかった。
R8043917

お腹を満たしたところで、駅のバスターミナルから「地獄めぐり」に向かいます。
DSC_0293

これが意外に遠くて、30分かかるので注意。
DSC_0294

「海地獄」で降りましょう。
DSC_0295

地獄についたー!
DSC_0298

ぶしゃーーーっと湯気出てます。
DSC_0300

お目当ては隣の「鬼石坊主地獄」
DSC_0313

ここには日帰り温泉施設「鬼石の湯」があるんです!
18

公式ホームページから割引券を印刷していくと、620円が500円になるのでぜひ。
06

最高のお湯でした。緑の中で入る露天とか感動モノです。
30

続いてかまど地獄へ
DSC_0317

たぬきがゆるいw
DSC_0320

温泉で蒸したお菓子(名前忘れた)と
DSC_0340

温泉たまごがやたら美味かった。
DSC_0341

その後、中心部の「鉄輪」という地区へ行って
DSC_0350

無料の「足蒸し」
DSC_0353

穴の空いた木箱が沢山。
DSC_0354

こんな感じで膝から下を温泉の蒸気で蒸します。やたら熱いです。ふー。
16

地獄を満喫したので、バス30分かけてまた別府駅に戻ります!
DSC_0359

ここから在来線で大分駅へ。
DSC_0365

大分編に続く!

ジェットスターで大分日帰り弾丸温泉旅行に行ってきた【大分駅編】 : たのっちのぶろぐ by @tanocchi



ジェットスター搭乗時の注意点はコチラ
【搭乗レポート】LCCジェットスターに乗ってわかった注意点 : たのっちのぶろぐ by @tanocchi


スポンサードリンク