スポンサードリンク



カテゴリ:
日本人の国民食、カレーライス。
20150210_041332000_iOS

東京では神田神保町がカレーの街として有名ですが、日本で一番美味いカレー屋はどこなのよ、と聞かれたら、ボクはこう答えます。

有楽町のマーブル

と。

JR有楽町駅徒歩1分。
20150210_041018248_iOS

改札お向かいの「有楽町ビルヂング」のB1Fに「マーブル」はあります。
20150210_041028674_iOS

ちゃんと看板出てますね。
20150210_041055101_iOS

正面階段を降りましょう。
20150210_041103137_iOS

地下商店街の
20150210_041122443_iOS

一角にあります。
20150210_041159247_iOS

年季の入った商品写真が、そのへんのチェーン店とは違う雰囲気を醸し出しています。
20150210_042117846_iOS

メニューはこれだけ。
20150210_041553000_iOS

揚げ物トッピングがないのがポイントで、カレー屋さんにありがちな揚げ油の匂いはなく、純粋にスパイスの香りだけが充満しています。

一番人気は「インドカレー」ポークの辛口800円。今日はゆでたまごトッピングで850円。
20150210_041307000_iOS

ちなみにこれはライス少なめです。普通盛りだとかなりボリュームあります。
20150210_041332000_iOS

たっぷりのキャベツにはリンゴ酢ドレッシングがかかっていて、とても美味しい。ラムカレーとインドカレーとハヤシライスはキャベツ付きですが、チキンカレーとビーフカレーにはキャベツが付いていません。50円で追加できます。
20150210_041338000_iOS

このキャベツをルーに絡めて食べるのがボクのスタイル。昔は2日に1度は食べていました。
20150210_041422000_iOS

マーブルのカレーは

日本の家庭風カレーの頂点。

正直、ひとくち食べた瞬間に「うまああああ!」という感動はありません。ありませんが、次に別の店でカレーを食べた時に「ん?」という違和感を感じるのです。

あれ、なんか物足りない。こないだ食べたカレーのほうが美味しかった。と。

じっくり煮こまれたルーの深み、本格インド風でも欧風でもない、おなじみの味。
20150210_041341000_iOS

「…ああ、うまいな。」とボソッとつぶやいてしまう、心に響く一皿です。
20150210_041342000_iOS

辛いのがお好きな方は、カイエンペッパーが置いてあるのでどうぞ。塩はキャベツに振るといいですよ。
20150210_041556000_iOS

芸能人御用達のテイクアウト


マーブルはテイクアウトもやっています。このテイクアウトがとても評判なのです。
20150210_041814000_iOS

実はマーブルから歩いて1分のところに、ラジオのニッポン放送があります。8年半お世話になりました。
20150210_042311004_iOS

ラジオには楽屋弁当というシステムがないので、出演者さんから「マーブルのカレー買ってきて」とAD君やバイト君が仰せつかります。近いので当然ホカホカのうちに食べられるし、マーブルファンになる芸能人が多いのです。あの人もあの人も食べてます。
20150210_042107866_iOS

駅前好立地なのでちょっと行ってみて!

◇マーブル
千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビル B1F
※お昼休憩があるので気をつけて。
[月〜金]
11:00〜15:00
17:00〜20:00

=================================
ついでにフォローしてみる→
フィードも登録したりして→follow us in feedly
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク