スポンサードリンク



カテゴリ:
4回目の「3.11」が過ぎて行きました。
DSC_0227

あれから何度か東北に取材に入りましたが、今年は初めて、3月11日を現地で過ごすことにしました。
R0010226

今回向かったのは岩手県宮古市。
DSC_0166

あちこち回った震災取材で、一番ショックを受けた場所、宮古市田老地区にもう一度行きたかったのです。
DSC_0211

「万里の長城」と呼ばれる長大な防潮堤が無残に破壊され、町が1つ消えた風景は想像を絶するものがありました。
DSC_0276

深夜バスで10時間


東京から宮古市までは品川・浜松町から高速バスが出ています。深夜21時40分に乗って、翌朝7時30分着。
R0010210

新幹線で盛岡経由で行ってもかなり時間のかかる場所なので、東京からだとコレが一番便利で安い。
R0010214

途中雪での通行止めなどあって、1時間遅れで宮古市に到着。3.11の朝です。
R0010224

レンタカーを借りて、まずは宮古市役所へ。4年前はここまで波に飲まれました。
DSC_0175

泥だらけだったエントランスも完全修復。
DSC_0172

ロビーの時計は止まったまま保存されています。
DSC_0169

午後の追悼式の取材申請を済ませて、宮古市一の名勝地「浄土ヶ浜」へ。
DSC_0179

津波でえぐられた山肌や岩肌は当然そのままですが、歩道などは綺麗に整備が終わっており、観光はバッチリ。
DSC_0177

風光明媚。
DSC_0183

ロータリークラブの記念碑がありました。
DSC_0182

先人の教えは役立ったようです。
DSC_0181

北に車を走らせ、スーパー防潮堤の町田老へ。道の駅は震災から100日取材時もやっていました。
DSC_0264

流された田老駅も開通。
DSC_0212

繋がってる線路を見ているだけでこみ上げてくるものがあります。
DSC_0214

駅舎は波を浴びてサビサビ。
DSC_0216

次回は電車で来よう。久慈まで行ってみたい。
DSC_0213

そして防潮堤へ。
DSC_0279

堤防が…片付いている!
DSC_0270

瓦礫がなくなり、ただただ整地作業が続いています。
DSC_0267

埋もれていた野球場も解体作業中。
DSC_0186

波でエグられてます。
DSC_0187

たろう観光ホテルはこのまま保存されるそうです。
DSC_0194

たろう観光ホテル“震災遺構”保存に初の国費投入


何年たとうとも、この津波のパワーを忘れてはいけませんね。
DSC_0273

それでも、人はここに堤防を作るんです。田老地区の方にお話を伺ったら「堤防があるから大丈夫だとずっと住んでいた。土地も買った。だから、堤防を直してもらわなきゃ、怖くて住めないんだよ」と言っていました。「こんなところに住まなきゃいい」と気軽に考えがちですが、土地に根ざして生きている地元の人達は、先祖代々の土地を簡単に手放せないんです。国が買い上げて居住禁止区域にでもしない限り。
DSC_0280

次は田老地区の人たちの多くが避難生活を送っている、「グリーンピア三陸みやこ」へ。
DSC_0221

ここには仮設商店街「たろちゃんハウス」があります。大きなプレハブです。
DSC_0224

4年前にインタビューさせていただいた、津田時計店の津田さんもお元気そうでした。当時はまだプレハブもなくテントだったのを思い出します。
DSC_0226

【特集:震災から100日(6)】テント商店街から元気を「仮設の町」誕生


田老地区は文字通り町ごと津波に飲まれてしまったので、仮設住宅には多くの方々が暮らしています。
DSC_0228

路地を歩いていると、当たり前なんですがすごく「生活感」があって4年の歳月を感じました。
DSC_0235

あれから4年。この日は小雪も舞っていました。プレハブの壁は薄いんです。
DSC_0260

何年目の夏につけられた風鈴でしょうか。あといくつの夏を迎えるのでしょうか。
DSC_0238

東京にいると、本当に忘れてしまいます。まだ22万9千人の方々が避難生活を余儀なくされていることを。
DSC_0261

空き家が少し出始めていたのが変化を感じた唯一の部分でした。
DSC_0243

ロビーにはこんな感謝の言葉が。
DSC_0263

いつの間にか震災発生時刻が近づいてきましたので、追悼式へ向かいます。
DSC_0285

14時46分。黙祷。
DSC_0313

人口5万6千人の町で500人以上が亡くなり、まだ見つかっていない人もいるという現実。三陸鉄道も弔旗を掲げていました。
DSC_0341

式典を終え、宮古港へ。ガレキの山だったのに、ほんとに綺麗になりました。
DSC_0353

宮古港は11隻のトロール船が生き残ったため、震災間もないうちから水揚げを続けることが可能で、瓦礫の引き上げも魚網を使ってやることができました。出港準備をしている船も。
DSC_0354

【特集:震災から100日(5)】震災1ヶ月で再開した宮古市魚市場〜生き残った11隻のトロール船〜


何より大切な製氷所も復活していました。
DSC_0356

ざっと取材行程を書きなぐりましたが、追悼式や過去の取材写真と比較などしたちゃんとした記事はBLOGOSに書きますのでご覧いただければと思います。来週中には…頑張ります…。

宮古は魚が美味しいし、
R0010248

お酒も美味しい。
R0010246

「重たい課題を抱えながらも何とか動いている」―被災地の造り酒屋の現状―

スープがとんでもなく美味いラーメンもある。
R0010233

浄土ヶ浜は綺麗だし、田老のかりんとうはパリパリだし、なんせ品川からバスで1本。今度の土日にどうですかお客さん。
DSC_0248

こんな言い方をするのはどうかと思いますが、田老のスーパー堤防が完全に修復される前に、1度でいいから見に行ってほしい。こんなデカイ建造物が自然に負けるんだ。町ごと流されたんだ。津波ってこんなに怖いのか、ということを心底感じてほしいです。
DSC_0206

もう少し息子が大きくなったら、連れて行きたいと思っています。


=================================
ついでにフォローしてみる→
フィード登録はこちら→follow us in feedly
LINE@始めました→友だち追加数
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク