スポンサードリンク



カテゴリ:
このブログでも紹介させて頂いた「雇用のカリスマ」海老原嗣生さんの最新作「無理・無意味から職場を救うマネジメントの基礎理論 18人の巨匠に学ぶ組織がイキイキする上下関係のつくり方」の内容を事細かに解説してくれるイベントが下北沢のイベント書店B&Bで9月17日(木)20時から行われるとのこと。
c1150e6c

新入社員になめられ出したら読むべき一冊「無理・無意味から職場を救うマネジメントの基礎理論 18人の巨匠に学ぶ組織がイキイキする上下関係のつくり方/海老原嗣生」 : たのっちのぶろぐ


どういう本かというと、「マネジメント」とはなんぞや、ということが大手企業の人事向け研修資料をベースに書かれていて、人に仕事を教える基本、人を育てる基礎理論を易しく、分かりやすく解説してくれています。

イベントの概要には
マズロー、ハーズバーグ、マクレランド、コヴィなどの超有名な研究、もしくは、コアコンピタンスや戦略優位などのメジャーな理論は誰でも一度は耳にしたことがあると思います。でも、それを読んで理解して、さらに使えるようになるのはとても大変。そこで、この講義をおすすめします。

有名な研究・理論を、簡単なクイズで考えることで、身につけていく、という内容。忙しいビジネスマンにはうってつけでしょう。

後輩の扱いに困っている20代の若手社員から、会社の行く末を考える社長まで、部下を持つ全ての上司が明日から使えるようなノウハウを、学ぶきっかけとなります。

と書かれていますね。海老原さんは本も面白いですけど、イベントでの語り口も軽快かつ本音ズバズバで、きっと現場だけのオフレコ話とかも飛び出すでしょう。

で、どうしてボクがこのイベントのお知らせをしているかといいますと…。

この日、行けないんです!

なので、是非行って、感想とか当日あったことを半分くらいブログに書いて教えてください!

平日は16時に退社して晩ご飯作って子供のお迎え。そんなワークライフバランスバッチリな会社にお勤めな訳ですが、そもそもワークライフバランスとはなんぞや、海外の労働者はみんな早く帰って庭でバーベキューしてるのか、ブラック企業って何よ、派遣と正社員の問題点などなどなど、会社員として大切なことはほぼ海老原さんの本で学びました。

部下の教育係になって困っている、マネジメントがいまいち好きになれない、部下が転職サイトを見ていた、などの同業者の皆さん、もしくは意識高い人事部の皆さん、ビール片手にB&Bで勉強してみませんか。

海老原嗣生「部下や後輩の、やる気を引き出すマネジメント理論 〜リクルートの猛烈社風は、科学理論でできていた〜」『無理・無意味から職場を救うマネジメントの基礎理論』刊行記念 | 本屋 B&B


=================================
ついでにフォローしてみる→
フィード登録はこちら→follow us in feedly
LINE@始めました→友だち追加数
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク