スポンサードリンク



カテゴリ:
こんにちは。東京都江東区出身、台東区在住の38歳会社員です。下町以外に住んだことはなく、東京で消耗したことなど1度もありません。てやんでい、道府県なんかに住めるかいべらぼうめ。

地方から出てきた秀才がTOKYOで成功し、豊洲のタワマンを買って喜んでいるのを微笑ましく眺めて暮らしているわけですが、そんなLOVE東京な俺氏に、東京都の観光PR事業「tokyo reporter 島旅&山旅」をお手伝いする機会が訪れました。

今回、ご紹介するのは東京都の島しょ部を除けば都内唯一の「村」檜原村。関東以外の方は東京に村があるということをご存じないかもしれません。


檜原村は山梨県との県境に位置する人口2350人の村です。(東京都は人口1万人以下が村)。
DSC_1790

都内の小学生は、社会の時間に「東京にも村があります」と教科書で習います。昭和50年代はそうでした。(ボクは安室奈美恵さんと同じ昭和52年生まれ)。

東京で村と聞くとドリフ世代には「東村山〜♪」と、志村けんさんの「東村山音頭」が脳内再生されるところですが、東村山は村ではなく「東村山市」です。覚えておきたいですね。

都心からわずか2時間

上野でレンタカーを借りてナビに行き先を登録。首都高から中央道を抜ければ檜原村までわずか2時間で着いてしまいます。
20151103_215022844_iOS

電車で行っても東京駅から最寄りの武蔵五日市駅まで中央線で1時間半。そこからバスで30分。計2時間でこの景色ドーン!!東京がコンクリートジャングルだけだと思ったら大間違いです。
R0012987

檜原村に着いたらまずは村役場へ立ち寄りましょう。
DSC_1771

ここには2時間のドライブを癒やす素敵なカフェがあるのです。
DSC_1770

村役場1Fの「カフェせせらぎ」さん。
DSC_1772

窓の外には清流と森。
DSC_1775

野鳥もエサをついばみにやってきます。いやー、かわいい。
DSC_1776

カフェオレをいただきました。陶器も素敵。
DSC_1782

店内にはマスターのフィルムカメラコレクションがずらり。「全部現役で動くよ!」とのこと。すげえ。
DSC_1784

役場のロビー奥にこんなお店があるとは。
DSC_1786

コーヒー380円とお値段もリーズナブル。
R0012993

レジがまた素敵。昭和一桁代のものだそうです。
R0013001

レジ横に、温泉の割引券があるのでもらっておきましょう。後で行きます。
R0012999

檜原村の観光親善大使は浅草キッドの玉袋筋太郎さん。TBSラジオの色紙ですね。
DSC_1773

村役場の入り口には文化放送の看板。こんな所でAMラジオ戦争ww
DSC_1789

役場のちょっと先に観光協会

役場から車で1〜2分。
DSC_1791

地域交流センターの1Fが、檜原村観光協会です。
DSC_1792

!!!
DSC_1794

こんなところで前職ニコニコの文字を見るとはッ!そうか、町会議がきたのか!
DSC_1793

穴があったらハメますよね。
20151104_043632530_iOS

観光協会で各種パンフやレジャー情報をゲットしたら、檜原村観光のスタートです!
DSC_1796

島旅山旅のステッカーも無料配布してるのでもらってやって下さい。
DSC_1797

檜原村の旅、まずは紅葉を求めて檜原都民の森へ向かいます。

◇次の檜原村レポ◇
紅葉と三頭大滝を望む森林セラピーロード「檜原都民の森」
DSC_1657

るるぶ秩父 長瀞 奥多摩 高尾山 (国内シリーズ)

ジェイティビィパブリッシング (2015-02-25)
売り上げランキング: 61,921

=================================
ついでにフォローしてみる→
フィード登録はこちら→follow us in feedly
LINE@始めました→友だち追加数
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク