スポンサードリンク



カテゴリ:
まずはコチラの動画をご覧ください。



エアバスA330-300のコックピットで撮影されました。たしかに今、飛んでますね。ここはシベリア上空だそうです。
finair-14

そうなんです。フィンエアーさんの特別のお計らいで、なんと…。
コックピット見学&機長にインタビューというとんでもない機会を頂いてしまいました!
finair-2

写真は今回一緒に旅をしている、ブロガーのizuminさんが撮影してくれました。アメイジング。

パナソニック製のタブレットも活躍


finair-7

フィンエアーならびに機長は、安全には一切の妥協を許さず、そのためのコストは「投資」ととらえているそう。その社風もあってか、1963年を最後に53年間無事故を続けているとか。さすがやね。

まずはいろいろと計器を説明してくれました。
finair-16

「ガンダム!Bパーツ接続します!」みたいな画面。
finair-20

タブレットはパナソニック製だぜ!ハッハッハ!と副機長。こんなところにメイド・イン・ジャパン。
finair-6

飛行経路を計測してるんですかね?
finair-5

一通り説明してくれたあと、機長から「聞きたいことはありますか?」と優しいお言葉。
finair-21

おそらく、自分の乗ってるジェット機のコックピットに入ることなんて、もう一生ないでしょうから、気合を入れて機長に質問しないと!えーっと、えーっと…

「食事とトイレのタイミングはどうしてるんですか?」

ああっ!なんてどうでもいい質問をしてしまったんだ!全部気圧のせいだ!

こんなクソ質問にも笑顔で…
finair-11

「食事はローテーションで決めておいて、トイレはまちまちさ(笑)」とジョークまで入れて答えてくれました。ありがとう機長。ジェントルマン。

他にコックピットで発した言葉といえば「グレイト」「アメイジング」「ファンタスティック」。TOEIC260点の語彙力ではこれが限界だったんですが、いやー、すごかった。ちょうど夕方で、シベリアの雲に沈んで行く太陽。そうそう見られるもんじゃありません。
finair-2

コックピットを出ると「どうだい、凄かっただろう」とイケメンサブパイロットさんが笑顔で待っていてくれました。フィンエアーのクルーの皆さん、そして機長、本当にありがとうございました。一生の思い出ができました。
finair-230

さあ次回から、1週間の英国漫遊記が始まりますよ!
finair-27

=================================
著者をフォローしてみる→
LINEで更新を受け取ろう!→
フィード登録はこちら→follow us in feedly
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク