スポンサードリンク



カテゴリ:
英国旅行2日目、と言っても1日目はほぼほぼ移動で終ったので、実質観光はここから。貴族のホテル、ピーコックの朝食で1日が始まります。
DSC_5554

2016年1月28日(木)行程表

Wi-Fiルーターゲットだぜ

そうそう、夕食の時にTEP社のWi-Fiルーターが配布されたので、ここからはネットが繋がるようになりました。
DSC_7052

英国政府観光庁のオンラインショップから申し込むと、今ならなんと15%OFF。ヒースロー空港かパディントン駅で受け取って、返すときはポストに入れればいいというレンタルDVDシステム。
DSC_7054

ネットがないとiPhoneもただの文鎮だからね…。このTEP社ルーターの何がいいって、AC変換アダプター付きなので、日本のコンセントとUSBがそのまま同時に使えること。TEP社さんありがとう。以上宣伝のコーナーを終わります。
DSC_7055

初体験!イングリッシュブレックファースト

時差ボケのまま朝食のレストランに向かうと…。うお。綺麗。ここ、だいぶいいホテルなんじゃないのか。
DSC_5484
そういえば昨夜ホテルの部屋に入った時も、プリントアウトしたお天気と、ウェルカムギフトが置いてあったもんな…。ラグジュアリー。
DSC_5482

シャレオツな朝食や…。さすが英国政府観光局仕切り。日英同盟の縁は続いております。
DSC_5486

イケメンウェイターさんがお料理を運んできてくれました。照れながらポーズしてくれてありがとう。
DSC_5512

じゃん!こちらが正統派の「イングリッシュブレックファースト」。
DSC_5516

「英国のソーセージは美味しいですよ」と言われてましたが…。おぅ美味しい!
R0013728

卵は焼き方を聞かれます。「サニーサイドアップ」ってよく言えたオレ。美味しんぼ読んでてよかった。
R0013734

英国の人ってキノコ好きかも、このあとアチラコチラでキノコ出てきました。
R0013736

焼いたトマト。日本ではあまり見かけないですね。テンション上がる。
R0013737

トマトの下にあるのが、「ブラックプディング」という豚の血が入ったソーセージ。
R0013738

臭みもないし、僕は好きかも。
R0013739

その下には揚げパンの土台。
R0013741

味はクルトンですねw
R0013742

朝食で唯一ダメだったのが、ビールの酒粕からできた「マーマイト」。
R0013750

パンに塗って食べるんですけど、しょっぱいのこれ。
R0013754

同行メンバーの近藤あやさんはエッグベネディクトをチョイスしてました。女子力高いわー。
DSC_5522

窓からの景色がザッツ英国で素晴らしかったです。
DSC_5526

さあ、いよいよ英国観光の始まりです。車でホテルを出発!
DSC_5561

1000年前のお屋敷「ハドンホール」

到着したのがこちら。「ハドンホール城」。映画「ジェーン・エア」「エリザベス」のロケ地としても使われたそうです。
DSC_5562

入り口にチョコンと階段が、はて?と思っていると「あそこで馬を降りるためのステップよ」とガイドさん。なるほど!
DSC_5565

城と言っても貴族のお屋敷のことで、11世紀の建物だとか。日本は平安時代ですよw
DSC_5568

ステンドグラスとか素敵やん。
DSC_5573

と、城内をみていたら、なんと住人の方が説明に出てきてくれました。700年間無人だったこのお屋敷に、2014年から住み始めた、現在の持ち主11代ラットランド公爵の弟であるエドワード・マナーズ卿婦人です。人生初、貴族との遭遇w。
DSC_5571

貴族と記念写真。朝早かったのにめっちゃ気さくな人だった。生まれ変わったら貴族になりたい。
BlogPaint

場内は完全にドラクエの世界ですよ。武器屋探したいですもん。
あれ、窓から人が生えてる。もしかして…あれは…。
DSC_5660

ガイドさん「あれはガーゴイルよ」。きたあああああああああ!
DSC_5661

RPGのモンスターとしておなじみの石像、ガーゴイルですよ。本物だぁ!
DSC_5663

大騒ぎしたところで城内へ向かいましょう。
DSC_5583

中世の魅力溢れる城内

中に入るとまずは教会。昔の人がセーブしたり仲間を生き返らせたりした場所です。
DSC_5595

あ、昔はセーブなんてなかったわ。復活の呪文を聞くところですね。
DSC_5587

続いてキッチン。
DSC_5598

当時使われていたままの傷。
DSC_5604

「何百年も同じ所を歩いていたから、石が削れたのよ」とガイドさん。
DSC_5602

本物の肖像画がかかった壁。ハリーポッターでしかみたことないやつ。
DSC_5609

お、武器屋のマーク!ひのきの棒ください!
DSC_5611

歴史を感じるタペストリー。
DSC_5613

「紋章」っていいですよね。厨二こじらせそう。
DSC_5614

2Fの回廊が激しく素敵

階段を登るとなんと綺麗。そりゃ映画撮影するわ。
DSC_5625

運良く太陽の光も入ってくれて、幻想的。
DSC_5631

ステンドグラスにも紋章。
DSC_5629

あー。素敵すぎる。
DSC_5635

よく見ると、窓ガラスが曲線を描いているんですよ。デザイン凝ってるなあ…。
DSC_5636

そしてこちら、数百年前のピアノ。
DSC_5639

鍵盤に品がありますね。
DSC_5640

庭に出て大感動

回廊を抜け外に出ると…絶景!
DSC_5649

これぞ英国!イメージそのものの風景にしばし立ちすくんでしまいました。
DSC_5653

いえーい。
DSC_5657

城から見下ろせばこれまた絵に描いたような「ヨーロッパ」。来てよかった。
DSC_5659

小川に掛かる橋。星形に飛び出たところは、馬車が通るとき人が避ける場所なんですって。へー。
DSC_5668

「あれが…敵の城ね…」的な写真を1枚。近藤さんがアリーナ姫みたいだった。
DSC_5669

公爵の大豪邸「チャッツワースハウス」

次に向かったのはダービシャー州にあるデヴォンシャー公爵の邸宅。「チャッツワースハウス」。邸宅と言っても42ヘクタール、東京ドーム9個分の広さがあります。東京ディズニーランドが51ヘクタールですから、8割くらいの大きさが人の家と敷地。英国貴族ハンパないwww
DSC_5681

残念ながら邸宅は冬季休業中。改修工事が行われていました。
DSC_5675

休業中のところ、英国政府観光庁パワーで、特別にお庭を案内してもらいまいました。庭と言っても、歩いて1時間以上かかる広さですからねw
DSC_5672

庭園は、今年生誕300周年を迎えた英国風景式庭園の父、ケイパビリティ・ブラウンさんが作ったもので、世界中から色んな物を集めたそう。
DSC_5698

ディズニーシーのインディージョーンズのアトラクションの外観みたい。こういうところが元ネタだったんですね。
DSC_5701

これが公園でもなんでもなく、人の家の庭、ってのがなんとも。日本で言うと大名屋敷のすごいやつってことか。小石川後楽園とか。
DSC_5706

はー、広い。すごい。
DSC_5682

超特別の大サービス

チャッツワースのガイドさんが、特別なものを見せてくれるといいます。
DSC_5684

え、まさか、それは…
DSC_5687

噴水でた〜!!
DSC_5694

昔の貴族も、特別なお客さんが来ると、噴水を出して歓迎したそうです。ありがとうございます。
DSC_5695

ほかにも熱帯植物園やら、花畑やら農園やらあって、ここだけで1日楽しめます。六芒星見て再びテンション上がる厨二マインド。
DSC_5709

北イングランドの緯度は北海道と同じくらいということもあって、景色は十勝平野を思い出す感じです。とにかく緑。
DSC_5714

ランチは地元の野菜をたっぷりと

沢山歩いて腹ペコ。お楽しみのランチタイムです。
DSC_5715

マーケットも併設されていて、地元野菜がたくさん売られていました。
DSC_5722

人類、食べるものはそんなに変わりませんw
DSC_5718

果物の写真を取ると、外国っぽくなるメソッド。
DSC_5719

チャッツワースから車で5分ほどのファームハウス・カフェ。
DSC_5738

沢山のお客さんで賑わっています。
R0013762

さて、何にしようかな。英語勉強しておけばよかった…。
DSC_5723

「本日のハンバーガー」にしました。地元野菜たっぷり!
DSC_5725

ガイドさん入れて7人で食事。普段1人旅ばかりなので、たまにはこういうのもいいですね。
DSC_5731

お肉の香ばしい香り!
DSC_5733

ガブッ!
R0013768

誰だよ、英国に美味しいものなんて何もないって言ったの。美味いよチキショウめ。
R0013771

野菜を挟むとまた格別。
R0013772

絶景続きの国立公園

昼食後はピークディストリクト国立公園の絶景ポイントめぐり。
DSC_5740

阿蘇山を思い出しました。
DSC_5742

ベイクウェルの「Monsal Trail」。昔は汽車が走っていたそうです。
DSC_5745

確かに絶景。
DSC_5748

小雨降ってきてめっちゃ寒いw
DSC_5746

地名忘れました。「NHK名曲アルバム」に出てきそうな川。
DSC_5753

雰囲気いいんですわ。
DSC_5751

アヒルかわいい。
DSC_5760

田舎町「ベイクウェル」で名物プディング

車で2時間〜3時間くらい走ったでしょうか。街に到着しました。
DSC_5769

おもちゃ屋さんかな?
DSC_5767

うーん。かわいい。
DSC_5768

こちらが「元祖」ベイクウェルプディングのお店「Original Bakewell Pudding Shop」まんまかい!
DSC_5774

あらやだ素敵な店内。
DSC_5777

こちらが名物の「ベイクウェルプディング」。
DSC_5781

パイにジャムが塗ってあって、そこにアーモンドシロップたっぷりのカスタード。
DSC_5789

どんな味かというと…完全に「杏仁豆腐」!思わず笑ってしまいました。
R0013781

杏仁豆腐の「杏」はアンズの種のことですが、実際には味の似たアーモンドが代用されているため、中国から遠く離れた英国の田舎町で同じ味のスイーツが誕生していたのです。
DSC_5792

甘さはだいぶパンチあります。地ビール飲んじゃうもんね。
R0013776

1Fではケーキも沢山売っていました。いちいち可愛い。
DSC_5793

温泉町「バクストン」で命の洗濯

すっかり暗くなったところで、温泉地バクストンに到着。
DSC_5796

DEVONSHIRE HOSPITAL」という病院だったみたいですね。
DSC_5799

ドアをくぐったら巨大なドーム!なんじゃこりゃww「Devonshire Dome」というそうです。
DSC_5801

中でサウナ入ったり、プールで泳いだりしたあと、30分ほどエステタイム。英語がよくわからなくて、ガウンの下は全裸なのか、パンツは履いておくのかどっちなのか、ドキドキしたまま終了しました…。
31

ウエッジウッドファミリーの所有していた館


バクストンから車で2時間、英国陶磁器の里「ストーク・オン・トレント」にある今夜のお宿「TheUpperHouse」に到着。(写真は朝撮った)。
DSC_5879

ここは日本でも結婚式のお祝い品としておなじみ「ウエッジウッド」創業者の孫が所有していた館で、現在はホテルとして使われています。
DSC_5817

なんと、ボクに割り当てられた部屋は、その孫が寝室として使っていた部屋で、同じく陶磁器ブランドのエマ・ブリッジウォーターで統一されたお部屋!
DSC_5809

エマ・ブリッジウォーターの「エマ」さんも、ストーク・オン・トレントに来るとこの部屋に泊まるとか。オシャレすぎるでしょ!
DSC_5811

壁の上の棚にはお皿がズラリ。
DSC_5812

この部屋に38歳のオッサン1人って…。どうしたらいいの…。
DSC_5814

とりあえず動画撮ってみた。

部屋の詳しい説明は旅行雑誌「RSVP」に載っているので参考にして下さい。
RSVP 第16号 イギリスの陶磁器に魅せられて

株式会社RSVPバトラーズ (2015-04-20)
売り上げランキング: 87,905

豪華ディナーで2日目終了

1日を1記事にするの無理なんじゃね、と思い始めた2日目、ホテルの豪華ディナーで〆ましょう。シュワシュワのむこうに美人。いいですね。
DSC_5826

前菜。グイグイ進んじゃっていけません。
DSC_5830

海老のロイヤルサラダ。サイゼリヤの小エビのサラダの本物のやつですw
DSC_5832

ヒレステーーーーーーキ!うまーーーーーーーーーーーーー。
DSC_5843

はぁはぁ。自然を満喫した2日目でした。3日目は陶磁器の里、ストーク・オン・トレントで爆買いしたりオリジナルカップを絵付けしたり、夜のホテルでとんでもないことが起きたりするよ!お楽しみに!

イギリス旅行記

ウェッジウッドが500円!? 英国陶磁器の里ストーク・オン・トレントで爆買い【イギリス旅行記3日目:前編】
=================================
著者をフォローしてみる→
LINEで更新を受け取ろう!→
フィード登録はこちら→follow us in feedly
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク