スポンサードリンク



カテゴリ:
イギリス旅行記3日目。今回はお買い物情報満載です。ポンドが安い今がチャンス!
DSC_5898

2016年1月29日(金)行程表

朝からガッツリ!イングリッシュブレックファスト

アッパーハウスホテルのシャレオツすぎる部屋には誰一人遊びにこず、38歳のオッサン1人で迎える朝。
DSC_5859
窓からはイギリスの田園風景が広がります。最高じゃないか。
DSC_5872
この部屋、雑誌で取り上げられるほどの名所らしい。すごい部屋との巡り合わせでした。
20160312_132322473_iOS

RSVP 第16号 イギリスの陶磁器に魅せられて

株式会社RSVPバトラーズ (2015-04-20)
売り上げランキング: 23,481
せっかくなのでホテル周辺をお散歩。気温ギリギリ氷点下。さ、寒い!。
DSC_5877
しかし、綺麗なホテルだなあ。ウエッジウッドファミリーのお屋敷かあ。
DSC_5881
一回りしたところで朝食タイム。
DSC_5847
今朝は定番のイングリッシュブレックファストに、チーズ入りのガレット。
DSC_5856
1日のカロリーを取りきれそうです。
R0013796
果物もたっぷり。お恥ずかしながら、「クランベリー」を生で食べたの初めてでした。こんな形してたのねw。
DSC_5848
お腹もいっぱいになったところで出発進行!まずやってきたのは英国陶磁器の里「ストーク・オン・トレント」にあるアウトレットショップ。「ウエッジウッド & ロイヤル ドルトン アウトレットストアー」 。DSC_5932
売り場が広い!これは目移りします。短い時間でどれだけ買えるか。勝負です。
DSC_5893
結婚式のお祝い品でお馴染み、ウエッジウッドが最大70%OFF!DSC_5890
お皿一枚…2ポンド81ペンス。今はポンド安なので160円計算で…450円!DSC_5925
日本で買うと、2700円のお皿が450円。アウトレットとはいえクラクラしてきました。

紅茶も半額。お土産はここで揃えましょう。 DSC_5923
安い、ほんと安い。 DSC_5892
ワゴンセールのソーサー。1枚40円wwww DSC_5886
高級グラスも買えちゃうお値段。ゴクリ…。 DSC_5902
日本で大人気のワイルドストロベリーマグがなんと1個5ポンド。ソッコーで買いました。これ、国内だと1個5000円なのよ…。
DSC_5927
これもかわいい。300円。
DSC_5917
これもほしい。1個100円。
DSC_5926
購入代金が50ポンドを超えれば免税手続もカウンターでしてくれます。どんどん買ってしまう…。
DSC_5924
満足度ハンパないです。銀座や秋葉原で見かける中国人観光客の気持ちがわかりました。そりゃ爆買いするわ。
DSC_5911
そうそう、休憩コーナーの自動販売機が、全てクレジットカードに対応していて(空港もそうだった)、日本も早く普及して、現金を使う人が1人でも減ればいいのにと思いました。お釣りの補充大変だからね。
DSC_5912
大満足したところで、次はストーク・オン・トレントの陶器ブランド「バーレイ」の窯元、ミドルポート・ポタリーへ向かいます。
DSC_5934
17世紀、ビクトリア時代の工房がそのまま残っています。ここは工場長のお部屋だそう。
DSC_5944
中は博物館のようになっており、焼き物の歴史が学べます。
DSC_5949
「さあ、こっちじゃ」。ガイドさんについていきます。DSC_5969
実際に稼働している工房の中を見学させてもらえるのです。
DSC_5973
模様を紙から陶器に転写させて作るんだとか。
DSC_5976
実際に職人さんが作っているところを間近に見ることができます。
DSC_5979
日本で言うところの「有田焼の里」みたいなことでしょうか。
DSC_5985
なるほど、こうやって作るんだー。
DSC_5983
キッズスペースもありました。
DSC_5988
子供の絵が可愛いのは万国共通ですね。
DSC_5989

こちらでも大セール中

見学を終えたあとは、やっぱり買い物。これも万国共通のパターンですね。
DSC_5957
うわ、安い…。
DSC_5958
これまた素敵…。
DSC_5955
家の食器を総入れ替えしたい衝動に駆られます。DSC_5954
ここにいては、財布がカラになってしまうwDSC_5965
同行の女性陣はここでも物欲を爆発させていましたが、僕はカフェがあるということでそちらへ避難。
DSC_5992
英国で初の個人行動でしたが、なんとか「コーヒープリーズ」が通じた!オシャレすぎる!
DSC_5999
さりげなくコートを脱いで、BURBERRYですよ!英国LOVEです!とアピール。
DSC_5996
コーヒー400円くらいですかね。良心的です。DSC_5994
このカフェも昔の工房のまま。地震が少ない国はいいですよね。
DSC_6009

エマ・ブリッジウォーターの工房へ

さてお次の工房見学は、日本でも人気の「エマ・ブリッジウォーター」。
DSC_6013
産業革命を絵に描いたような風景。勉強になりますな。
DSC_6016
工場見学のパスが女子大生キャバクラの名札に見えるのは気にしないでください。DSC_6018
先ほどの工房に増して「ガチ」な作業場。
DSC_6023
こちらのマダムが案内役です。
DSC_6026
タトゥーが「職人」感を増幅させています。日本とは文化が違うよね。
DSC_6024
焼く前に乾燥させる行程ですかね。
DSC_6027
ろくろマスター。お皿を作っています。
DSC_6036
絵付けはなんと手作業。
DSC_6057
ひとつひとつ、スタンプを押していきます。
DSC_6063
ちょっとでもミスると…と思うと見てるだけで緊張。
DSC_6068
この模様も一個一個手作業とは。いいお値段するのもいたしかたない!
DSC_6067

おしゃれカフェでランチタイム

工房をぐるりと回ったら、エマ・ブリッジウォーターのカフェでお待ちかねのランチタイムです。 DSC_6071
ここがまあ、かわいいの。 DSC_6074
こんなキッチンに憧れるなあ…。 DSC_6078
近藤あやさんも興味津々。
DSC_6077
今日のメニューはコテージパイ(牛ひき肉とマッシュポテトを焼いたやつ)。
DSC_6076
食器はもちろんエマ・ブリッジウォーターです。
DSC_6095
あとで驚くのがこのグリーンピース。「多すぎww」と思っていましたが、これが美味しいんですよ。
DSC_6097
はい、盛り付け完成!
DSC_6100
ここで初めて飲んでお気に入りになったのがこのジュース。エルダーフラワーというお花からできてるんだそうな。マスカットのような味がして、とてもおいしい。
DSC_6102
山盛りだったグリーンピースを濃い味のコテージパイと混ぜたら、ウソみたいに美味い!。グリーンピースを美味しいと思ったの人生初かも。郷に入っては郷に従えですね。
R0013808
デザートはこちらでいう「プディング」。
DSC_6106
シロップをたっぷり吸ったシフォンケーキみたいなもの。
DSC_6111
そこにさらに生クリームwww
R0013818
甘いよ!
R0013822
まさかこれをこの日の夜に、限界を超えるまで食べることになるとはつゆ知らず、「甘いねー、あははは」なんて呑気なことを言っておりました…。DSC_6109
昼食後はファクトリーショップへ。こちらでもアウトレットが安く売っています。
DSC_6119
ただ、さっきのアウトレットモールとは違って、あきらかに「アウトレット」とわかる商品ばかりです。
DSC_6124
むしろ気軽に食洗機に突っ込めていいと思います。定価で買ったらマグカップ1個5000円とかですからね。 水玉かわいい。DSC_6126

オリジナルカップを作ろう!

ここエマ・ブリッジウォーターの工房では、絵付け体験ができます。 DSC_6145
好きな大きさのマグカップを選んで、 DSC_6129
オリジナルカップを作りましょう! DSC_6137
お姉さんがやり方を教えてくれます。もちろん英語だけど。 DSC_6135
「スタンプヲオシマース」。みたいなことですきっと。 DSC_6139
筆でイラストを書いてもOK。 DSC_6142
種類豊富なスタンプの中から、好きなものを取ってきます。 DSC_6148
水玉柄にすることにしました。 DSC_6154
スポンジに、好きな色を筆で乗せます。
DSC_6160
それを、コップの好きなところにペタン!
DSC_6163
メインは水玉模様。
DSC_6166
アクセントにリンゴも使おうかな。
DSC_6164
完成!
DSC_6168
これ、めっちゃ真剣になりますよ。
DSC_6169
あとは後日、日本に届くのを待つだけです。親子連れでも楽しいですね。
DSC_6174

1ヶ月後

麹町の英国大使館に届きました! DSC_7618
あら素敵! DSC_7640
鳥のスタンプはこんな感じになりました。 20160222_070050489_iOS

さすがのワールドオブウエッジウッド

次にやってきたのはウエッジウッドのテーマパーク「ワールドオブウエッジウッド」。
DSC_6177
 ここまでの「工房見学」とは毛色が違います。この方がウエッジウッドさんかしら。DSC_6178
ここは工房見学と博物館がセットになった観光施設。2015年夏にリニューアルしたばかりということでピカピカです。DSC_6229
 ガイドさんによる工房見学からスタート。DSC_6185
 ここは近代化された工場ですね。
DSC_6186
工場内は撮影禁止です。今回は大使館経由の取材ということで特別にOK。つか…日本語!?DSC_6193
ティーポットがいっぱい。この白色がウエッジウッドですよね。
DSC_6194
「撮影は、静かにやって下さい」とピリピリムードで作業場へ。ザ、職人さんです。
DSC_6196
と、思ったら超ご陽気な職人さん登場!DSC_6206
 「ハッハッハ!いい女だろう!」とかなんとかwwwwDSC_6205
 このお皿、15万円だって!DSC_6204
「俺の仕事を見ていきな!」と大サービス。
DSC_6210
さすがの手際です。
DSC_6217
ウエッジウッドにとって日本は大事な輸出先。ひなまつりプレート作ってた!
DSC_6228
日本語の解説もところどころにあります。漢字おかしいけどなんとなくでも伝わるの大事。
DSC_6231

美術館顔負けのミュージアム

続いてウエッジウッドのミュージアムへ。 DSC_6232
1759年創業からのヒストリー。 DSC_6233
材料の配合比を研究して、様々な色を表現したサンプル。なるほどねえ。 DSC_6235
こちらでもガイドさん。英語…むずかしい…。 DSC_6241
ウエッジウッドの名作もずらり。美術館顔負けです。 DSC_6240

超1級のアフタヌーンティー体験

ミュージアムも工房も、広い!ざっと1時間くらいかけて一周りしたあとは、英国伝統のアフタヌーンティーを楽しみましょう。 DSC_6252
うお…セレブリティ…。 DSC_6253
ウエッジウッドの食器でティータイム。最高ですね。 DSC_6255
紅茶の種類も豊富。これは迷う。 DSC_6254
英国まで来てよかった。
DSC_6257
オシャレすぎて死んでしまうかもしれません。
DSC_6260
まるで資料写真のようなお菓子登場w
DSC_6264ひゃっほーい!
DSC_6267
スコーン登場!これぞティータイム。
DSC_6268
あー。幸せですね。
DSC_6273
甘いモノはレディーにお任せして。スコーンを頂きました。お上品です。
DSC_6277
公式ツイッターでこの日のことを紹介されててちょっと恥ずかしかったw
お茶を頂いたあとはショッピング。紅茶のテイスティングも出来ちゃいます。日本語!
DSC_6282
「ドウゾ、ノンデイッテクダサーイ!」。
DSC_6285
どれもおいしい。気に入ったものはその場で購入できます。ストロベリーティーを買ったんですが、なんと半額。素敵じゃないの!DSC_6292
さらに、奥にはアウトレットショップもあります。DSC_6295
 午前中に続き、また買ってしまった。日本で買う5分の1くらいのお値段なんだもん…。DSC_6298
 あー、大満足!物欲が完全に満たされました。ここから車でコッツウォルズ地方へ移動します!DSC_6299
 このあと、今回の旅最大の戦いが始まるとは、知る由もなかった…。(後半に続く)
DSC_6300

イギリス旅行記

まるでドラクエ!ハドンホール城からピークディストリクトを巡る【イギリス旅行記2日目】

=================================
著者をフォローしてみる→
LINEで更新を受け取ろう!→
フィード登録はこちら→follow us in feedly
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク