スポンサードリンク



カテゴリ:
2016年3月13日(日)いつもの日曜日。午後から友達と約束をしたという小1の息子、じゃあ早く昼飯食っちゃえよ、となり、妖怪ウォッチカレーを出したものの「コーンが入っているから嫌だ」とゴネだす。

やれやれ、いつものあれか…(息子はコーンが大嫌い)と、嫁がイラッとしながらもコーンを丁寧により分けてあげた。大好きなから揚げもスタンバイ。

普通ならここで食べ始めるのだが、「…いらない」と急に泣き出す息子。なんだなんだ。しばらくして嫁ハッと気がつく。「具合悪いんじゃない?」。

機嫌悪い→具合悪いのパターンもよくあるのだが、熱を計ったら37度8分。ビンゴ。原因はだいたいわかっている。土曜日の夜に「お風呂掃除する!」と張り切って、全裸のまま床をこすったり、自分の上履きを洗ってたりしたせいだ。子供の「大丈夫」は判断が難しい。

13時に友達と待ち合わせをしていたので、それをすっぽかすわけにもいかず(相手の電話番号もわからないので)とりあえず待ち合わせ場所へ付き添い。15分ほどサッカーボールを転がしながら待ってみたものの、誰も来ない(笑)。

小学校1年生の待ち合わせなんてそんなもんだよね。「約束は、紙に書いてお互い家に持って帰るようにしようね」と15回目くらいのアドバイスをして家に帰宅。むしろすっぽかしてくれてよかったかも。

「スターウォーズ見たい」というので、じゃあしかたない、上野のTSUTAYAまでお父さん行ってくるよとなり、一応外出用に着替え。着替え終わったら「やっぱりドラゴンボールがいい」と心変わり。

はいはい、と上野に1人で出発。日曜日にこのあたりぶらつくのも久しぶりだな。

昼飯を食べていなかったので、アメ横で軽く腹ごしらえして、上野のTSUTAYAへ。レジ前にカセットテープが並んでるのを見て、少し嬉しくなると同時に、今の小学生はこれをみてなんだか分かるのだろうかとしみじみ。MDディスクも置いてあった。偉いぞTSUTAYA。
20160313_054255000_iOS
スマホのTSUTAYAアプリを使って、1枚100円クーポンで3枚レンタル完了。300円は助かるなぁ。

再びアメ横を歩きつつ、体温計の電池が切れそうだったのでヨドバシカメラでボタン電池を購入して家に戻る。それにしてもアメ横の外国人観光客の数がハンパない。 デートする日本人カップルも押され気味だった。来客御礼、ありがたい限りだ。
20160313_055909000_iOS
家に帰ると嫁に抱きかかえられながらTVを見ている息子。やっぱり寝てなかったか。DVDはドラゴンボールGTのラスト3枚を借りてきた。いきなり最終巻から見始める。おいおい、順番ってものがあるだろう。「11巻、終わっちゃうやつだよ?9巻から見れば?」と声をかけてみたものの「これがいい」と聞かない。まあいいか、好きにしたまえ。
20160313_220444341_iOS
僕も初めて見るドラゴンボールGT最終巻。悟空とベジータがすでに超サイヤ人4になっていて、その上フュージョンするという戦闘力の大インフレ状態。

最終回で悟空が神龍とともに消えていく衝撃の余韻で息子ぐったり。そりゃそうだ。「まだ見たい!」と言うのを強制的にかかえてベッドへ。横になった瞬間寝おった。

イヤな予感がしたので会社に連絡。「明日、もしかしたら学校から呼び出されて早退するかもしれません。ご迷惑おかけします」。

5時起きなのでこちらも10時には寝床へ。とりあえず息子は寝ている。だが朝まで寝っぱなし…というわけにはいかず、一緒に寝ていた嫁は咳と熱でうなされる息子の看病で眠れなかったらしい。

翌朝5時起床。嫁も息子も起きていた。ゲホゲホいってる。あー、ダメかこれ。会社に連絡して、休ませてもらうことにした。編集部の皆さんスミマセン。

病院が開くまで3時間半。ひとまず寝ていてもらう。出社する嫁を見送り、熱を計ったら39度。ヤバイ。「立てない…」という息子を抱え近くの小児科に。重くなったなー。

9時頃病院に到着。39度のことを伝えると即隔離。別室のベッドに横になり、診察開始。鼻水を採取され5分ほどで「あー、やっぱりインフルエンザですね。B型です」と判明。

え、鼻水だけでわかるの?いままでの鼻の奥までグイグイ綿棒入れられて恐ろしく痛いあの検査はなんだったのか…。

インフルは最低1週間登校禁止

お医者さんでインフルエンザの説明を受け、紙を渡されました。「インフルエンザにかかったら『発症後5日かつ解熱後2日(幼児にあっては3日)経過』するまで学校に行くことができません。」
20160314_010222000_iOS
マジか。
いやもちろん、同級生にうつしたら大変だし、学級閉鎖とかよく聞くけど、いまはインフルになると最低1週間は学校行っちゃいけないんだね。知りませんでした。

これは共働き家庭にとって大問題なわけです。日曜日に発症したため、月−金をまるまるどちらかが看病しなければいけません。まず休んで病院に連れて行ったのが月曜日。平日残り4日。2日ずつ嫁と手分けしてお休みをいただいて、乗り切ることにしました。重ね重ね職場の皆さんありがとうございます。回復が長引いても春分の日の3連休があるので、8日学校を休めばなんとかなるでしょう。

某編集長は先週同じようにお子さんがインフルエンザになってしまって、九州の実家からお義父さんが看病のため上京されたそうです。休めない人はそうでもしないと無理だよね…。「日本死ね」どころじゃないわけですよ。看病しないと子供死んじゃうんだから。

ここで気をつけなければいけないのが、僕と嫁がインフルエンザをもらうこと。買い物したり御飯作ったり薬飲ませたり、看病ができなくなったら元も子もありません。常にマスク、一つ世話をしたら手洗い。除菌クリーナーであちこち拭いてクレベリン置いて加湿器炊いて、なんとか元気になってもらいましょう。
20160314_022528070_iOS
そして初めて見たインフルエンザ治療薬「リレンザ」。口から粉を吸って、食道に張り付き、インフルエンザウイルスの増殖を防ぐとか。医学は進歩してるのねえ。

今日は3月17日木曜日。インフル発症から4日目。いまだに息子は39度3分の熱で寝込んだままです。こんな状態でも「学校行きたい…」と言う子供はすごいなと思いつつ、親としてしてあげられることって限られてるんだなあと気付かされます。ガンバレ息子。 

=================================
著者をフォローしてみる→
LINEで更新を受け取ろう!→
フィード登録はこちら→follow us in feedly
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク