スポンサードリンク



カテゴリ:
イギリス旅行4日目で訪れたコッツウォルズ地方のウィンチカム村にあるティールーム「ジュリス」。
DSC_6718
田舎町にあるこのカフェは、2008年に「トップ・ティー・プレイス賞」という英国で最も素晴らしいティールームに与えられる賞を受賞したすごいお店なんです。 (下写真提供:RSVPP1130621
しかもなんと、そのお店をやっているのは日本人の宮脇樹里さん。 英国のアフタヌーンティーという文化に認められ、地元に愛されるティールームを作り上げました。

今回は特別に、英国伝統のお菓子「ショートブレッド」作りを取材させてもらいました。レシピも全公開です。DSC_6629

材料

  • 無塩バター:125グラム
  • 小麦粉:125グラム
  • コーンフラワー:50グラム
  • グラニュー糖:75グラム
  • バニラエッセンス:小さじ四分の一
  • 塩(モルデンクリスタルソルト):5グラム
まずは粉から。
DSC_6632
小麦粉125グラムとコーンフラワー50グラムをブレンドします。
DSC_6633
丁寧にふるっていきます。
DSC_6642
数回繰り返してきめ細やかに。
DSC_6647
続いてお砂糖75グラム。
DSC_6649
無塩バター125グラム。
DSC_6650
バターを粉と揉み込んでいきます。バニラエッセンスも最初に入れてください。DSC_6663
宮脇樹里さんは元々フランス料理を勉強されていましたが、開店当初は英国伝統のお菓子が無いことを地元のお客さんから怒られたそうです。そこから伝統菓子のレシピを研究し、19世紀の味を現代風に磨き上げ、誰からも愛されるお店になっていったとか。
DSC_6656
一つにまとまってきましたね。
DSC_6668
棒状に整えます。
DSC_6670
半分に切ってラップでくるみます。
DSC_6674
あとはこのまま冷蔵庫で2時間ほど寝かせます。
DSC_6683
2時間寝かせたら5mm〜7mmの厚さに切って、砂糖をまぶし170度のオーブンで焼きあげましょう。
DSC_6671
サックサクで本当においしゅうございました。ぜひご家庭でやってみてください。R0013885
秘伝のレシピはこちら。
DSC_6651
このあとカフェでいただいたスコーンは人生で一番美味しかったです。R0013890
 昨年帰国のため閉店していたジュリスですが、3月23日に復活。英国旅行の際には必ず寄っていただきたいお店です。

レシピは本にもなっているので、英国菓子好きのかたはぜひどうぞ。
コッツウォルズでティールーム―イギリスのお菓子に出合う
宮脇 樹里
文化出版局
売り上げランキング: 247,466
=================================
著者をフォローしてみる→
LINEで更新を受け取ろう!→
フィード登録はこちら→follow us in feedly
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク