スポンサードリンク



カテゴリ:
R0014471
有楽町。僕が20代を過ごした街。
DSC_0140
朝も昼も夜も、そして次の朝も、ここにあるラジオ局で働いていました。番組と番組の間が30分しかない時、深夜放送を終えて、どうしても温かいものが食べたい時。

駅前の24時間営業「後楽そば」だけは、馬車馬ADをいつも暖かく迎えてくれました。
DSC_0146
そんな我が青春の「後楽そば」が、2016年5月27日(金)をもって営業を終了するというのです。
R0014484
なんてこった…。たしかに店の横まで、耐震工事が迫っています。
DSC_0143
ニッポン放送のサイトでこの情報を見かけて30分後、僕はいてもたってもいられず、気がつけば有楽町駅前に立っていました。

あのJR有楽町駅ガード下『後楽そば』が5/27(金)に閉店!!大変です!あなたも一度は食べたことありますよね!?ーしゃベル

ここの名物はなんといっても「やきそば」。いつ行っても鉄板の上には、甘酸っぱいソースの香りと、鉄のヘラが奏でる「カンカン!」という威勢のいい音が溢れています。
R0014466
本当に後楽そばが閉店してしまうのか、信じられないまま店にたどり着きました。
DSC_0161
久しぶりだ…。
R0014458
焼きそば並盛り380円。稲荷セットが520円。安い。これぞ庶民の味方。R0014462

やきそばにはコロッケを乗せよう

やきそばを頼むときにはちょっとしたコツがあります。それはコロッケを乗せること。 R0014461
70円プラスされて、450円。 R0014464
このカウンター、朝方によく来たなあ…。 R0014487
来ました!これが後楽のやきそば!なぜコロッケを乗せるのがコツかというと…。 R0014468
コロッケを乗せると、やきそば単体ではついてこない、スープがついてくるのです。こんな裏技が使えるのもあと1週間か…。 R0014470
やきそばを食べるとはいえ、ここは立ち食いそば屋。まずはネギをトッピング。 R0014473
これが後楽のやきそばスタイル。ニッポン放送によく来る森永卓郎さんも「ネギをしこたまかけるんですよ」といつも話していました。 R0014475
ああ!この味!目をつぶれば夜店の屋台! R0014476
生のネギとやきそばのマリアージュ。これぞ後楽。 R0014477
さらに、七味を投下! R0014481
ああ、後楽だ、後楽の焼きそばだよ! R0014482
コロッケにはソースをかけて…。かぶりつけ! R0014480
スープことそばつゆを飲む。幸せすぎる。 R0014474
俳優の浅野忠信さんもニッポン放送にゲストに来ると、必ず寄っていた後楽のやきそば。次から悲しむだろうな…。 R0014479
やきそばを焼いていた店員さんに聞いてみました。

「本当に、今月でお店なくなってしまうのですか?」

すると静かに、そしてゆっくりと、深々と頷く店員さん。

ああそうか…悲しいのは僕らだけじゃないよね。店員さんのほうが何倍も切ないよね。でも次の瞬間には「いらっっっっしゃいませえええ!」と笑顔いっぱい。男の仕事を見ました。

ありがとう。ごちそうさま。
R0014488
有楽町を離れて7年。街も人も変わります。でも心のどこかで「後楽のやきそば」はいつもそこで待っていてくれると思っていました。そんなはずはないのに。
R0014494
久しぶりに食べたやきそばは、少ししょっぱい味がした。


=================================
著者をフォローしてみる→
LINEで更新を受け取ろう!→
フィード登録はこちら→follow us in feedly
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク