スポンサードリンク



カテゴリ:
久しぶりにマンガにハマっています。

いまさらその作品!と言われるんでしょうが、九井諒子さんの「ダンジョン飯」が超面白い。
20160619_005227066_iOS
「このマンガがすごい!2016」でオトコ編1位に輝いた作品で、レッドドラゴンに食べられた妹を助けにダンジョンを冒険していくRPGもの。と思いきや、1話でパーティーが全滅してお金がなくなってしまったので、倒した敵を食べて自給自足していくという、まさかのグルメ漫画なんです。

パーティは妹を赤竜に食べられた主人公の戦士、「ライオス」。魔物を食べることに断固反対する魔法使いのエルフ、「マルシル」。罠を解除するハーフフットの鍵師「チルチャック」。魔物食の先駆者、ドワーフの「センシ」の4人。

スライムやミミックといった魔物を、いかに調理し、美味しく仕上げていくかという発想が、料理男子にはたまりません。某ト◯コみたいに食べ物がモンスターになったわけではないので、リアルな魔物を血抜きしてアク抜きして調味料入れて、美味しく仕上げる行程が美しい。

スライムは干してマロニーのように、サソリはゆでてカニ感覚、ゴーストの冷気を使ってシャーベット作り…。料理は創意工夫、一手間かけることがいかに大事で、時短レシピなど邪道だということがしみじみ伝わります。
20160619_005415463_iOS
安い鶏ムネ肉はフォークで穴を開けてから砂糖と塩を薄く入れた水に浸すとか、釣った魚はチルドで1日寝かすとか、基本って大事なんだなと思い知らされる作品です。

敵対するオークとパンを作る話や、モンスターと心が通じるのか、などのハートフルなストーリーも時折あり、冒険物としても楽しめますよ。

第1話が無料公開されてるのでぜひ読んでみて。
ダンジョン飯 試し読み

狩猟マンガ、「山賊ダイアリー 」のファンタジー版とでもいいましょうか、これを読んだ後だと、モンスターが食材に見えてくるから不思議です。
20160619_005312078_iOS
まだ2巻までしか出ていなくて、今年3巻が出るだろうと言われています。連載は続いているので、気長に待ちましょう。

ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)
九井 諒子
KADOKAWA/エンターブレイン
売り上げランキング: 2,779

=================================
著者をフォローしてみる→
LINEで更新を受け取ろう!→
フィード登録はこちら→follow us in feedly
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク