スポンサードリンク



カテゴリ:
20160909_054419829_iOS
ニーハオ!オヤジの聖地新橋に「新橋ぎょうざ」という新しいスタイルの餃子店があると聞き、デートの予定も全く無いので、さっそくニラまみれになってきました。

「かつや」が仕掛けるカウンター餃子店

新橋駅目の前、ニュー新橋ビルの1Fにある「新橋ぎょうざ」。20160909_053840410_iOS
なかなかワクワクするメニューが並んでいます。 20160909_053901187_iOS
店内はカウンター中心。「かつや」と同じ運営会社がやっているだけあって、男の一人飯をわかっていますね。 20160909_054121000_iOS
目の前が厨房で、餃子を包んでいるところも見えます。冷凍じゃなくて安心。 20160909_055030000_iOS
オーダーは食券スタイル。あれこれ食べたいので焼きと蒸しが同時に味わえる「合盛」をチョイスしました。20160909_054138000_iOS
お値段はリーズナブル。ニラの乗っていない「しろ餃子定食」が590円から。 20160909_053927168_iOS

福岡の天ぷら屋スタイル「塩辛食べ放題」

福岡には「ひらお」や「だるま」といったカウンター天ぷらの名店があり、カウンターには塩辛や高菜が食べ放題で置いてあるのですが、こちらのカウンターにも、なぜか塩辛のツボが常備されています。20160909_054218000_iOS
餃子の焼き上がりまでつまんで待つもよし、ビールのアテにするもよし。 20160909_054309000_iOS
アルコールもお財布に優しい価格で販売されていました。ウーロンハイ200円はいいなー。 20160909_054317000_iOS

ニラ山盛りの「新橋ぎょうざ」

じゃん!新橋ぎょうざの「合盛」登場!ニラまみれ!! 20160909_054419829_iOS
サイズはかなり大きめ。割り箸の三分の二くらいでしょうか。大きいことはいいことだ。 20160909_054550000_iOS
まずは焼きからいってみましょう。 20160909_054628000_iOS
デカくて小皿に入りきれません。 20160909_054704000_iOS
ほうほう。パリッとした焼き目が香ばしく、餡はアッサリ目。大きくて味が濃いと飽きちゃいますからね。
20160909_055114000_iOS
餃子の下にはもやしがたっぷりんこ。ニラともやしの組み合わせって最強だわ。
20160909_054750000_iOS
続いて「蒸しぎょうざ」。皮薄めのプルプル系。
20160909_054950000_iOS
こちらはさらにアッサリ。年配のサラリーマンが胸焼けしない心配りでしょうか。
20160909_055007000_iOS

「しろ」はニラなし

つづいて「しろ」です。開店当初は餃子の種類も違ったそうなんですが、いまは新橋ぎょうざと同じとのこと。単純にニラなしが100円安いだけです。 20160909_054433504_iOS
なんだかんだニラは臭い強いですから、昼休みや人に会う前はコッチですかね。 20160909_054945000_iOS

餃子と塩辛は合うのか?

餃子の目の前には、食べ放題の塩辛。勇気を出してのせてみました。 20160909_055433000_iOS
もぐ…もぐ…もぐ…。合わなくはないけど一緒に食べる必然性はなかったw 20160909_055453000_iOS
もやしにものせてみましょう。こっちはバッチリ!おつまみ! 20160909_055622000_iOS
ライスは食べませんでしたがジャンボサイズ8個完食!ぷはー。 20160909_060200689_iOS
アルコールも安いので、「チョイ飲み」にはかなり重宝しそうなお店と見ました。さすが新橋。オッサン心をわかっていますね。

焼きのほうが食べた感はあるので、「新橋ぎょうざ、焼き、3個」あたりから攻めると◎!
=================================
著者をフォローしてみる→
LINEで更新を受け取ろう!→
フィード登録はこちら→follow us in feedly
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク