スポンサードリンク



カテゴリ:
福岡へ出張してきたのですが、会社から渡された航空券は「スターフライヤー」。
スターフライヤー航空機
飛行機であちこち行きまくってるわたくしですが、スターフライヤーは初。まず羽田空港から乗れるんだということすら知りませんでした。(住まいが上野で成田空港のほうが近いので…)。

ジェットスターやバニラエアなどの本格的なLCCが出てくる前は、スカイマーク、ソラシド、スターフライヤーなどがいわゆる「エコノミー」な格安航空会社だったわけですが、先発ゆえお宝の「羽田発着枠」を持っているスターフライヤー。

顧客満足度8年連続1位との評判ですが、実際のところはどうでしょう。初めて乗る飛行機は徹底的に調べるタイプなので、詳細をレポートします。

乗ってみてわかったこと

  • 使用機材はLCCと同じエアバスA320
  • 座席数を180から150にしてスペースを確保
  • 全席コンセント/モニター完備
  • お値段はLCC以上フルキャリア未満
  • 最大のメリットは「羽田空港発着」

行先によって羽田空港のターミナルが違う

スターフライヤー掲示板
やってきました羽田空港。スターフライヤーは行先によってターミナルが違います。
スターフライヤー羽田空港
北九州行きは第1ターミナル。福岡、関西、山口行きは第2ターミナルです。間違えないようにね。
スターフライヤーANA

スターフライヤーはANA系列

スターフライヤーはANA系列のため、第2ターミナルで乗る場合は、ANAのカウンターおよび発券機を利用します。手荷物もです。意外とハードル高い。
スターフライヤー搭乗券
出発カウンターは端っこの方。というか下の階。バスに乗って飛行機まで行くパターンですね。
スターフライヤー福岡行き
こういうちょっとした不便の分、チケット代が安くなるなら大歓迎でさあね。
スターフライヤーのバス

飛行機はエアバスA320

使用機材はエアバスのA320。ジェットスターとかバニラエアと同じやつです。
スターフライヤーA320
ただし、座席数が違います。ジェットスター・バニラエアは180席。スターフライヤーは150席
ジェットスターの日本国内線、オーストラリアとニュージーランドの国内線、アジア各国間の国際線はA320型機で運航しています。座席数は計180席で、通路が一つのタイプの旅客機の中では、最も客室の幅が広くなっています。
バニラエアでは、エアバス社の旅客機であるA320(180席)の旅客機を使用しています。
座席を30席減らすということは、それだけシートピッチが広がるということ。足元にだいぶ余裕が生まれるんですよ。 スターフライヤー足元

スターフライヤー機内レポート

初のスターフライヤー、その実力はいかに。
スターフライヤーのシート
座席は黒のレザーシート。高級感がありますね。
スターフライヤー足伸ばす
足元広々。となりのおじさまもすっかり足を伸ばしています。
スターフライヤーフットレスト
フットレストもあって、なかなかのものです。
スターフライヤーフットレスト足乗せ
身長168センチしかないので余裕ですが、180センチとかで足の長い方はフットレストいらないかも。
スターフライヤーヘッドレスト
ヘッドレストは可変式。ぐっすり寝る時に寝返りを防止してくれますね。
スターフライヤー画面
国内線短距離で必要なのかと問われれば疑問形ですが、全席モニター完備です。
スターフライヤーモニター

USB&ACのダブル充電体制

モニターよりありがたいUSB充電ポート。
スターフライヤー充電USB
シートの下にはAC電源もあります。
スターフライヤー電源
出張族にはありがたい作業環境です。
スターフライヤーコンセント
テーブルは可変式になっていて、
スターフライヤーテーブル
13インチMacBook Proがなんとか乗ります。さあ仕事するよ。
スターフライヤーMacBook Pro

ヘッドホンは音質に難あり

肘掛けの先端にモニターの音声プラグはあります。LR別々のタイプ。
スターフライヤーイヤホン
まあ、どこの航空会社さんもそうなんですが、イヤホンの音質が悪すぎる。スッカスカ。
スターフライヤーヘッドホン
手持ちのステレオミニプラグが使えるので、自分のイヤホンを使うことをオススメします。
スターフライヤーマイイヤホン2000円ちょいのカナルイヤホンでも雲泥の差です。
スターフライヤーカナル式

LCCとは違いドリンクサービスばっちり

サービスはANAやJALなどのフルキャリアと同じで、当然ドリンクも無料で出てきます。
スターフライヤードリンク
ホットコーヒーはタリーズで、チョコまでついてくる。嬉しい。
スターフライヤーコーヒー
スープもばっちり。
スターフライヤースープ
トイレはまあ、同じですねw。
スターフライヤートイレ
鏡があったのでトイレで記念撮影。今年40歳になります。
スターフライヤー記念撮影

最大のメリットは羽田発着

羽田ー福岡は1時間50分で着いてしまうので、正直あっという間です。機内を満喫する間もありません。LCCとの違いは足が伸ばせることと、電源があることと、羽田から飛べること。

成田空港までスカイライナーや成田エクスプレスで行くと、LCCの飛行機代と変わらなくなるときもしばしばありますが、羽田空港なら概ね1000円以内で都内各所から1時間凸凹で行けるでしょう。

事前予約のタイミングで変わりますが、1ヶ月前予約で片道12000円〜15000円くらいの感じ。ジェットスターより5000円くらい高いかな。往復で1万円の差額。

スターフライヤー値段表
往復1万円と羽田発、ゆったりシート、電源ありを享受するかどうかですね。ANAやJALよりは格段に安いので、福岡に行くときは比較検討してみるといいですよ!

ジェットスターのレポートはこちら

バニラエアのレポートはこちら

おまけにフィンエアーのレポートはこちら



☆ホテル探すなら最低価格保証

☆レンタカーはクーポンでお得に!

=================================
著者をフォローしてみる→
LINEで更新を受け取ろう!→
フィード登録はこちら→ follow us in feedly
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク