スポンサードリンク



カテゴリ:
親子がお台場で楽しめるレジャースポットといえば、デックス東京ビーチ3Fのレゴランド・ディスカバリー・センター東京が外せません。
DSC_2650
レゴランドは「大人のみでの入場不可」という、まさにリア充中のリア充施設。親子連れしかいないため、子供が騒いで「チッ!」みたいな目に遭うことはありません。超安心です。

以前も紹介したレゴランド(親子で楽しめる「レゴランド・ディスカバリーセンター東京」は梅雨でも安心の屋内アミューズメント)ですが、2017年4月上旬にキッズ大喜びの新アトラクションが誕生したというので取材にお呼ばれしてきました!
DSC_2655
その名も「レゴニンジャゴー トレーニングキャンプ」。
DSC_2686
テレビ東京系で絶賛放送中の「レゴ ニンジャゴー」。 あの世界観がアスレチックになって登場です。
DSC_2679
西洋の人って本当にニンジャ大好きですよね。こちらはウー先生。カンフーもニンジャも一緒にされている世界観が実に外国っぽい。どうみても中国の老師アルよ。
DSC_2680
ウー先生の元で一人前のニンジャになるための修行をする、というアトラクションです。おらワクワクしてきたぞ。
DSC_2681
このトレーニング施設はとある秘境の山頂にある、というイメージですな。もちろん全部レゴ。すげえ。
DSC_2691

靴を脱いで全力で遊ぼう!

屋内型アスレチックなので、まずは靴を脱ぎましょう。 見守りのパパママもです。DSC_2776
注意事項はこちら。148センチを超えても遊べますが、つまりは小さなお子さん優先、ということだそうです。
DSC_2772
人数制限ありの時間交代制なので、順番を待ちましょう。土日は混むよ。
DSC_2775
まずは入り口でウォーミングアップ。反射神経が試されます。2児のパパ頑張れ。
1492606070OGZvjDZ8LU_TiDu1492606000
それでは修行開始!中に入っていきますよ。おっといきなり敵だ!
DSC_2724
足元にあるボールをドッカンドッカンぶつけてやっつけましょう。
DSC_2725
足音を立てずに2階へ駆け上がる!アラフォーおじさん二人はぜいぜいです。
DSC_2729
うお!テンション上がる秘密基地感!
DSC_2732
くぐるよねー。子供はくぐるよね―。
DSC_2736

最大の難関「ルパンが宝石盗むやつ」

さあやってきました。 誰もが一度は憧れる、ルパンもしくはキャッツアイがレーザーをかいくぐってダイヤモンドを盗む訓練です!DSC_2740
いくぜ! よっ!はっ! これでも10年格闘技やってたんだこちとら!  …あっ。
1492912151Hz9iPS7wXc3qBxt1492911995
無理ス。逮捕されるっス。こんなのキッズは楽しくてしょうがないやろ。普通のパパはここで見守りです。ハードすぎる。
DSC_2783
各所にサンドバックもあるので、わんぱくになって帰ってくることうけあい。
DSC_2784
ああっ!あっさり少年がクリアしてるww
DSC_2786

目の前がカフェでよかった

おじさんもうフラフラです。そんなことを見越してか、アトラクションの目の前はカフェになっています。 DSC_2787
かわゆすなあ。
DSC_2815
良心的な価格設定なので思う存分ゴクゴクしましょう。
DSC_2822
軽食もあるよ。
DSC_2824

親子でたっぷり遊べるレゴランド・ディスカバリー・センター東京

一息ついたらレゴランドをめぐりましょう。写真撮影が楽しいミニランド。150万個のレゴで作られているそうです。マスタービルダー恐るべし。 DSC_2667
いつもヒカリエから見る渋谷のスクランブル交差点もこんな感じだったな…。
DSC_2668
男子にはたまらない、レゴレーサー:ビルド&テストゾーン。
DSC_2794
自分好みのマシンを組み上げ、走らせることが出来ます。
DSC_2795
タイヤだけでもこの数。僕らが子供の頃、こんなに楽しい場所なかったよなあ。
DSC_2796
レーシングカーもバギーも思いのまま。
DSC_2803
レゴには動力がありませんので、坂道をビュンビュンと走らせて遊ぶわけです。
DSC_2798
小さなお子様には「デュプロビレッジ」。幅広い年代で楽しめるのもレゴランドのいいところ。
DSC_2827
電車好きにはトレインワールドが楽しいよ。
BlogPaint

お土産はやっぱりオリジナルミニフィグ

たっぷり遊んだ最後の出口には、保護者恐怖のグッズ売り場が。「もう、あれ買ってあげるから帰ろう…」と、レゴランドから帰りたがらない子供を引き離す最後の手段としても使えます。 すでにバットマンが欲しいです。
DSC_2840
ここでのオススメは、オリジナルミニフィグ。好きなパーツを選んでミニフィグ(レゴの人形のやつ)を作ることができます。
DSC_2847
自分に似ている顔はあるかな?
DSC_2849
ボディもいろいろ。人生いろいろ。
DSC_2848
スターウォーズもいっぱい売ってた。危険w
DSC_2841

チケットは前売りがお得

雨の日も安心のレゴランド・ディスカバリー・センター東京。 チケット料金はこのようになっています。
16
当日は2400円ですが、前売りなら1950円(土日祝は2100円)。公式サイトからサクッと予約できますので、お得に遊ぶなら前売り券です。夕方以降は1700円とさらに安くなります。営業時間は平日が10:00〜20:00※最終入場18:00、土日・祝は10:00〜21:00 ※最終入場19:00となっています。
18

混み合っていると当日券が買えなかったり、入場規制がかかるので、お出かけ前に公式Twitterのチェックをお忘れなく。

住所:港区台場1-6-1デックス東京ビーチ アイランドモール 3階
電話:03−3599−5168

【公式サイト】レゴランド・ディスカバリー・センター東京

=================================
著者をフォローしてみる→
LINEで更新を受け取ろう!→
フィード登録はこちら→follow us in feedly
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク