スポンサードリンク



カテゴリ:
イラッシャイマセ。ヨウコソヘンナホテルグワァアア!
DSC01159
夏休み、いかがお過ごしでしょうか。ウチの息子も気がつけば小学校3年生。家でゴロゴロばかりしているわけにもいかないお年頃です。

ということで、「史上初、ロボットが接客するホテル」でギネスブックにも載っているという「変なホテル」に変なおじさんがやってまいりました。
S__57319438
見た目は普通のビジネスホテル。ぜんぜん変じゃない。
DSC01218
ウイーン。いきなりの「変なホテル」。このネーミングって「面白い芸人」みたいな、自分からハードル上げに行き過ぎな気もするんですよ。どんだけ変なんだろう。入ってみましょう。
DSC01151
ぷぎゃあああああああああ!
DSC01261
入り口をくぐるといきなりのティラノサウルス。疑ってすいませんでした、絶対変です。トリケラトプスの「助けて…」という表情がたまりません。
DSC01184
巨大な水槽を悠々と泳ぐのは…ロボットフィッシュ!そうだ、ここはロボットホテルだった。
DSC01152
ゴミ箱ロボもいます。(ただし、ゴミは拾わない)
DSC01154
本当にロビーを掃除してるのは安定のルンバ君でした。
DSC01255

マジで無人の受付ロビー

さて、一通りロビーではしゃいだので、そろそろチェックインしましょう。ここまで、誰一人として人間に会っていません。ガチで完全無人です。
DSC01157
「ヨウコソ ヘンナホテルヘ」。受付に近づくと突如動き出す恐竜ロボ。
DSC01161
喋ってるだけで超怖いんですけどwww
DSC01164
「タッチパネルヲ ソウサシテクダサイ」。あ、無人受付ってそういうことか。
DSC01165
各国語対応でオリンピックも安心。
DSC01166
音声入力を使って、恐竜ロボと会話するわけですね。
DSC01168
おー、認識した。
DSC01169
あとから聞いたんですけど、女性や子供の声は認識しにくいんですって。つい取材しちゃう職業病。
DSC01178
承認完了。チェックインに人がいなくても成立しちゃうんだなー。
DSC01171
無事にカードキーが発行されました。
DSC01172
そんな間も恐竜はわきゃわきゃ動いてます。
DSC01174
肉食系でいらっしゃいますね。「有名な映画を題材にした映画」ってのは何シックパークのことでしょうか。
DSC01176
アメニティは恐竜の手元にあるので勝手に持っていってください。
DSC01179
あと、ロビーにはホットスナックと、
DSC01182
コーヒーの自販機。どこまでも無人です。
DSC01183
それではエレベーターで客室へ。降りたらいきなりのガシャポン。子供のハートを揺さぶりに来ます。
DSC01186
廊下はフツーのビジネスホテル。
DSC01187
と、思ったら、床のあちこちにロボット掃除機がスタンバイ。
DSC01188
人間の仕事はどんどんロボットに置き換わっていくんでしょうね。
DSC01189

部屋にもロボットが…

今回はスタンダードトリプルのお部屋。決して広くはありません。
DSC01191
部屋はなんと土足禁止。アメリカ人もビックリです。
DSC01192
入るといきなり名前が表示されています。スイッチオン!
DSC01194
ピコッ!ピロピロ「コンニチハ。タピアデス」ロボットが起動しました!
DSC01195
「タピア、電気つけて!」空調からテレビから照明まで、全部声でこのロボットがやってくれます。ロボットとの会話が楽しかったようで、息子はずっとこれで遊んでおります。すげえ時代だな。
DSC01197

ロボット以外のサービスはあまり良くない

さて、普通のホテルとしての使い心地です。宅急便はない、製氷機も電子レンジもない、子供連れが来るに決まってる「恐竜ホテル」なのに、子供用のナイトガウンがない、となかなかの不親切ぶり。
DSC01199
館内全面禁煙はよかったけど。
DSC01200
VR(スマホと箱)を貸してくれるサービスもありました。500円。
DSC01203

意味の分からない「高輪クリニック」のサジェスト

そして部屋のしおりの最後には、なぜか遺伝子検査と腸内検査の「ご宿泊者限定」サービス。
DSC01204
何かのネタかと思ったらガチの宣伝。なんなのこれ…。
DSC01205
トリプルの部屋で親子3人川の字です。狭くはないけど広くもない。
DSC01208
恐竜っぽさは壁の絵くらいかな。
DSC01209
「テレビ、つけて!」って最初は楽しくてやってましたが、リモコン使ったほうが120万倍くらい早いので、音声入力はまだまだこれからのサービスだなあとしみじみ思います。
DSC01210
窓からはディズニーランドがよく見えます。
DSC01212
葛西臨海公園の観覧車も見えますね。あそこで土屋礼央さんとロケしたなあ…。
DSC01213
お風呂はキレイでいい感じ。トイレと別なのも高ポイント。
DSC01215
トイレはもちろんウォシュレットですよ。
DSC01217
洗面台のアメニティは歯ブラシのみ。こういうところはビジホです。
DSC01216

夕食を外に食べに行くのが面倒くさい

さて、ここ変なホテルに夕食はついていません。なので夕食は近所のフツーのチェーン店で済ませるか、舞浜駅まで戻ってイクスピアリに繰り出すかです。住宅街で流しのタクシーも少なく、わざわざ電話で呼んで、1メーターちょいの駅まで行って…と、だいぶ面倒くさいので覚悟しておいてください。
20170729_124630640_iOS
あー、疲れた。再びタクシーでホテルまで戻ってきました。500円別料金のVR恐竜動画を体験して寝ます。
20170729_131526540_iOS
タピアもおやすみ…。
DSC01211

朝食はジャングルバイキング

おはようございます。 一泊朝食プランのため、朝は併設の「ジュラシックダイナー」でバイキングです。DSC01219
お、なんだか楽しそうなレストランですね。ちなみにレストランは無人じゃありませんのでご安心を。
DSC01250
全体的にしっかり「ジュラシック」な感じのコンセプトレストラン。
DSC01245
部屋にいると「恐竜感」があまりないので、これはいい感じです。
DSC01242
沢山の親子連れで賑わっています。
DSC01235
サラダはまぁまぁの品揃え。
DSC01224
定番の朝食系。
DSC01226
唯一のオリジナル「恐竜ナゲット」かわいい。
DSC01221
シューマイ。
DSC01232
和食系のおかず。
DSC01233
漬物に納豆。
DSC01229
うどんに冷奴。和食多いな。
DSC01231
味噌汁にコーンスープにカレー。子供向きですね。
DSC01230
朝からパフェを作っちゃうようです。
DSC01248
アイスクリームを、
DSC01227
コーンフレークの上に乗せて、
DSC01228
お好みのソースとトッピングでいただきましょう。
DSC01249
ドリンクも種類があっていいですね。
DSC01225
お腹いっぱいで部屋に戻り、「タピア、ばいばい」と声をかけると、「サビシイケド、オワカレデス、サヨウナラ」と泣けるセリフ。やるじゃんか。
DSC01266
チェックアウトも無人です。相変わらずのド迫力。
DSC01262
バックヤードにはちゃんとスタッフもいますので、困ったら内線で呼んでくださいね。
DSC01263
変なホテルは長崎のハウステンボスと、千葉の舞浜にあって、この8月には愛知県にもオープン。我が家が泊まった変なホテル舞浜は、JR京葉線の舞浜駅からタクシーで1000円弱でした。正直不便なところにあります。
DSC01201
使い方としてはディズニーの帰りに泊まるのがベスト。恐竜好きのお子さんは喜ぶと思いますよ。

変なホテルの予約はじゃらんからどうぞ。
【じゃらん】国内24000軒の宿をネットで予約OK!最大10%ポイント還元!


それでは引き続き楽しい夏休みをお過ごしください。親って大変だよね…。


=================================
著者をフォローしてみる→
LINEで更新を受け取ろう!→
フィード登録はこちら→follow us in feedly
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク