スポンサードリンク



カテゴリ:
発送が延び延びになっていたLINEのAIスピーカー「WAVE(先行体験版)」がついに我が家にやってきました。

私、一応LINEの社員ですけど、普通に申し込んで、普通に待ってました。もちろん自腹で買ってます。なので大人の事情など気にせず全力でレビューしますよ。そのための「先行体験版」ですから。レビューがなければ正式版がよくならない。ガツンと行くよ!

LINEのAIスピーカー「WAVE」

DSC01576
まずそもそも、LINEのClovaとWAVEってなんやねん、という所からですが、「WAVE」というのがこのスピーカー本体の名前。「Clova」ってのがAIの名前ですね。
DSC01580
パカッとな。
DSC01582
じゃじゃん。円錐形のスピーカーが出てきました。
DSC01586
大人の手のサイズですかね。けっこうデカイ。
DSC01587
再生ボタンに音声ボタン、命令開始ボタンなどがついてます。
DSC01588
電源ボタンと、音声入力のオンオフボタン、そして電源口です。
DSC01590
付属パーツはUSBのACと電源ケーブル。
DSC01592
この電源ケーブルが専用…。汎用性のあるUSBにできなかったのだろうか。ガッカリ感。
DSC01593
パイルダーオン!ピロリっ!こいつ…動くぞ!
DSC01596
ピカピカ光っております。近未来感はありますね。
DSC01597

まずはアプリをインストール

WAVEを起動するとまずはアプリをインストールしてくれと喋りだします。それだけです。説明書にアプリのURLがあるわけでもなく、QRコードもなく、ただ「アプリをインストールしろ」。なんじゃそりゃ。
DSC01595
ボクはこういう、「スマホ持ってるんだからわかるでしょ?」ってのが一番キライです。低リテラシー層が困るとは思わないのだろうか。金とって売ってるんでしょこれ。不親切極まりない。

わかりますよ、説明書作ったときにはまだアプリのURLが確定してなくてQRコード載せられなかったとかそういうのでしょ?

それは作る側の事情であって、買った人の手間を増やすのは良くない。正式版ではぜひQRコードを入れて欲しい。

AppStoreで「LINE」と検索。下の方に出てきました。
20170826_124007000_iOS
アプリを起動したらLINEでログインして連携させます。
20170826_124044000_iOS
アプリとWAVEをリンクさせたら、WAVEのネットワーク設定。このとき、家のWi-Fiパスワードが必要なので、用意しておいてください。こういうことも先に書いておいてあげてね。いきなりパスワード聞かれて右往左往したから。
20170826_124126000_iOS

LINEミュージックの無料チケット登録が最悪にやりずらい

次は、事前に送られてきていたLINEミュージックの半年無料コードを入力します。コレが最悪です。このメッセージをタップすると、入力画面に遷移するんですね。
BlogPaint
この画面に。……おい!クーポンコードは前の画面にあって確認できねえじゃねえか!
しかもLINEのメッセージをコピペすることもできず、入力不可。最悪of最悪です。
20170826_125034000_iOS
仕方ないからPCからLINEミュージックにログインして、スマホの画面見ながら入力しました。マジこれひどすぎるよ。クレイジー。
23
だけど怒っちゃいけません。なにせコレは先行体験版。メッセージにもあるように、みんなでClovaを育てていくのです。パスワード入力とClovaは全く関係ない気もしますが、「ぜひ下記窓口へお寄せください」とのことなのでさっそく寄せてみましょう。
20170826_130021918_iOS
QRコードを読み込むと、窓口につながりました。
20170826_125942000_iOS
20170826_125946000_iOS
20170826_125950000_iOS
20170826_125954000_iOS
長えよ!
こんなに長いフォームにいちいち入力しなきゃ声を寄せられねえのかよ!
誰が入れるかこんなの!!意見こねえよ!

ひどい。ほんとにひどい。Clovaがどうこうじゃなくて「皆様の声をぜひ下記窓口へお寄せください」って書いておいてこの窓口。信じられないです。汎用の不具合ページに飛ばさないで別で意見受付フォーム作ってください。ユーザーを「親」とか言うのならば。

WAVE実機レビュー

DSC01598
さて、気を取り直して本体レビューにいきましょう。

WAVEで出来ることは今のところ4つ。音楽を再生する、時刻を読み上げる、天気予報、アラーム。
20170826_130134000_iOS
天気や時刻は普通に答えてくれました。使わないと思うけど楽しい。

そんなWAVE本命の機能は4000万曲のライブラリが楽しめる「ミュージック」。いわばWAVEはLINEミュージックを再生するジュークボックスです。

形状からわかるように、WAVEは無指向形(前にも横にも後ろにも音が出る)のスピーカー。低音用20Wウーファー1基、高音用5Wツイーターを2基搭載してるそうなんですけど、音はイマイチ。低音は出てますが真ん中が足りない。音楽メインで行くならしんどいな。

少し高さを稼いだ部屋のコーナーにおいて、背面の音を跳ね返らせるとかしないと、スカスカ感は否めないので、置き場所を工夫してみてください。

途切れまくる音楽→バージョンアップで解決

「Clova、何か音楽を再生して!」まずは命令してみました。
〜♪♪ お、流れ始めました。〜♪♪ ブツッ。〜〜♪♪

え。なんかプチプチ切れる。〜〜ブツッ。〜〜ブツッ。

キャッシュが追いつていないのでしょうか。とても使い物になりません。流石にメインの機能がこれじゃマズイ…。と思いつつ初日(8月26日)は就寝。ちかりた。

2日目

日曜日の朝。WAVEのダメさ加減に恐怖を覚えながら再度挑戦。電源を入れると…。
「アップデートを行います。電源ケーブルを刺してください」

お、早くもアップデート!仕事してる!

無事にアップデート完了!曲が途切れなくなりました!ボクのように曲が途切れるという方は、まずアップデートしてみてください。

Clovaの音声認識能力はまだまだこれから

基本コマンドとしては「(アーティスト名)の曲を再生して」「(曲名)を再生して」なのですが、
「◯◯の◯◯を再生して」にはほとんど反応しません。聞きたい曲が聞けない地獄。

「ほとんど」と言ったのにはわけがあって、短い曲名やアーティスト名には反応します。今のところ「ゆずの夏色」と「槇原敬之のSPY」は見事再生しました。「T.M.RevolutionのHOT LIMIT」くらいの長さになるともうダメです。

かといって曲名で再生すると、よくわからないカラオケとかも流れ出します。LINEミュージックのライブラリにも問題がありそうですが、かなりのポンコツぶり。

さらに、音楽再生中はその音にかき消されて命令が届きません。すげえ大声上げないと動いてくれない。

ジュークボックスとしては自動で流れる「SONGS TOP100」か「NEW SONGS」をかけておくしか今のところ使い道はありません。

あとはブルートゥーススピーカーとしての機能もあるのですが、ボリューム調整ができてなくて、ものすごく小さな音でしか再生されません。これくらいは出荷前に何とかしておけなかったのかしら。
20170827_074237000_iOS
ということでツッコミどころ満載の「WAVE」&「Clova」。「先行体験版」ですから人柱になることは覚悟していますが、LINEのご意見受付フォームがイケてなさすぎるので、ブログで公開するしか伝える手段がないのが悲しいところ。

あー、早く出来るといいな。気軽に意見が送れる受付フォーム。


=================================
著者をフォローしてみる→
LINEで更新を受け取ろう!→
フィード登録はこちら→follow us in feedly
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク