スポンサードリンク



カテゴリ:
3連休初日、ただいま警察から帰ってきました。

ざっくり言うと、某健康ランドでロッカー荒らしに遭いまして、カバンを盗まれました。

何が大変って、カバンにスマホも入ってたんですよ。「盗難なう」ってつぶやけないじゃないですか。こんなに悲しいことはないですよね。それどころじゃないけど。

「iPhoneを探す」という神機能を使って、遠隔で個人情報は全ロックしてありますのでお友達の皆様そこはご安心ください。

何があったのか

今日はお天気も良かったので、息子と二人ポケモン探しをしておりまして、たくさん歩いたわけです。疲れたねー、ということで健康ランドで一風呂浴びて帰ろうということになりました。

フロントで受け付けを済ませ、鍵と浴衣を受け取ります。更衣室で着替えて服とカバンをロッカーに入れて、施錠した鍵を手につけたまま入浴。

30分ほどして戻って、ロッカーを開けると…はて?違和感。

体を拭いて、そうだ、スマホ見ようと思ったら…。

カバンがない。 
フロントで一度財布を出しているので、そのとき持ってたのは確実なんですよ。え、どっかにおいてきた?いやいや寄り道してないし。

首を傾げながらフロントへ。
「あのー。カバンの落とし物は届いてないですよね?」
「少々お待ちください…ないですね」
「ロッカーからなくなってまして」
「ファッ!?」

そこからはドッタンバッタン大騒ぎ。
再度ロッカーを隅から隅まで見て、念のためマスターキーで付近のロッカーも探索してくれて、それでもない。ひとまず事務所に移動して、「カード止めなきゃ」とアチラコチラに電話かけまくり。

こういう時、オリコカードとかJCBカード、とかメジャーなところはいいんですけど、ビックカメラカードってどこ管轄なのよ、とか(ビックに電話したらビューカードに連絡しろって言われた)、オートチャージ付きのPASMOってメトロに電話なのなんなの?とか(UCが止めてくれました)。連絡先がわからなくてまあ大変。

そしてアプリがないと止められないLINEPayカード。iPhoneごと盗まれたんですけど…。
34
さらにキャッシュカードが4枚。カード止める地獄。

電話お借りして片っ端から連絡してると、健康ランドの方があることに気がつく。「携帯のGPS、調べられないですか?」

その手があったか。

「iPhoneを探す」機能、初めて使いました。iPhoneの方のプライベートスマホで検索したところ、
建物のすぐそばに反応。健康ランドの方数名、スマホを持って飛び出していきました。これはおそらく現金を抜いてカバンは捨てたんではないかと。

その間に警備の方がきて状況説明。あれこれメモを取ったり何だりしてると、お巡りさんが来てくれました。再び状況説明をしていると、iPhoneを探しに行った皆さんが戻ってきました。GPSはずっと同じ位置の反応ですが、どこにも見当たらないんだそうです。

それならばと2人の警察官とボクと息子と健康ランドの方と、反応があった地点をしらみつぶしに捜索開始。警察の方と何かを探すなんて人生初ですよ。小学生の息子は完全にコナン気分で張り切ってます。

街路樹の茂み、側溝の中、放置自転車のかご、探せども出てきません。ただ、コールすると電話はまだ生きてます。GPSも最新情報です。誤差があるので範囲を広げて1時間ほど探しましたが、見つかりませんでした。これを書いている今も、PCから「iPhoneを探す」で見ると携帯はそこにあります。どこだあああ。電池残り46%。頼む、マジで。
01

被害届を出すってこんなに大変なのか

もう夜もだいぶ遅かったので、健康ランドの方にお金を借りて、タクシーで息子を自宅へ。一つだけ不幸中の幸いだったのが、家の鍵はズボンのポケットに入っていたんです。家に入れないところだったよお。

妻が仕事から帰っていたので、息子を置いて現場へとんぼ返り。
所轄の交番で被害届を書くことになりましたが、これが大変で全て手書きなんです。

何時頃健康ランドに入り、何時から何時の間くらいに盗まれ…。この辺はまあいいんですが、その後の盗まれた所持品を一つ一つ書いていく作業がほんとに大変。書くのはお巡りさんなんですけどね。

1万円札が何枚、千円札が何枚(概算)、カバンはどこのブランドで色と形、大きさ、値段(被害額を確定するため)、財布はどこので、どのカードが何枚…。現金は20万円少々入っていたのですが、ちょっと呆れられました。たまたま10万円追加したところだったんだよ…。

これを一つ一つ書いていくわけです。反省しました。財布の中身は軽くしておこうと。書き終わるまで1時間もかかるんですよ。なんでこれパソコンでやらないんだろう。

そしてみなさん、一つ覚えておいてください。被害届を書くときはハンコが必要です。(シャチハタは不可だそうです)持っていなかったので拇印でもOKだったんですが、一文字でも間違えた所があれば訂正印押しますし、割印もしますし、指がインクまみれになります。

ようやく書き終わったところで、現場検証で健康ランドに戻ります。ドラマで見たあれです。僕が指差したところをバシャバシャ写真に撮るんですね。ロッカーの前やカバンを置いた場所、いつか犯人が逮捕されたら裁判所で色々な人がこの写真を見るのでしょうか。

現場検証が終わり、再び派出所へ。免許の再発行手続きのチラシを貰って終了です。再発行って運転免許試験場までいかないとできないのか!鮫洲!

18時半ごろ発生した盗難事件、派出所を出たら23時半でした。何が悪かったかって言うと、携帯とお財布をフロントの貴重品入れに預けなかった僕が悪んですよね。

これにより犯罪者が一人増え、警察の仕事を増やし、健康ランドの人も大騒ぎ。明日以降は被害届が所轄署に送られて刑事さんの出番になります。指紋とかとるのかな。電池があるうちにiPhoneが発見されますように…。だってiPhoneX買ったけど、届くの12月上旬なんだもん。1ヶ月携帯どうしよう…。
51

盗難に遭って学んだこと

  • 万が一の時、iPhoneを探せるように電池は常に残しておけ。
  • カードを持ちすぎるととんでもなく大変
  • 温泉でも健康ランドでも、貴重品は絶対預けろ
  • 被害届にはハンコが必要
  • 免許の再発行マジ大変
いやーーーー。困った。

みなさんも手の回りのお荷物には気をつけて…。

dorobou_hokkamuri



=================================
著者をフォローしてみる→
LINEで更新を受け取ろう!→
フィード登録はこちら→follow us in feedly
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク