スポンサードリンク



カテゴリ:
DSC02454
やってきました愛媛県今治市。この街のご当地グルメといえば「焼豚玉子飯」。第7回、第9回のB-1グランプリで3位を獲得し、一度は食べてみたかったやつなのです。

焼豚玉子飯の名店「重松飯店」

焼豚玉子飯には何軒が有名店があるのですが、今回訪れたのは「重松飯店(シゲマツハンテン)」さん。
DSC02486
今治の駅からレンタサイクルで10分くらいだったかな。
DSC02427
まずはウエイト表に名前を記入して待ちます。
DSC02437
いろいろルールがあるので、のんびり待ちましょう。さすが有名店…。
DSC02438
回転は早いので、10分ほどで入れました。WAKUWAKUしますね。
DSC02439
元祖焼豚玉子飯には作法があるようです。とにかく混ぜればいいのか。DSC02441
壁にはびっしりと取材のサイン。セットもいろいろあって地元の中華屋さんという感じが好感持てます。
DSC02442
さすが地方。何を食べてもリーズナブルでいいなあ。
DSC02445
日曜・祝日は大盛りできません!とのこと。中盛はOKなんですね(この日は金曜日)。
DSC02448
めったに炭水化物食べないのに、欲張って中盛頼みました。ドン!
DSC02453
ライスの上にチャーシュー、そして半熟卵が3つ!(普通盛りは2つ)。これはフォトジェニック!
DSC02455
このタレは30年以上継ぎ足されたものだとか。いただきます!
DSC02451
まずはレンゲで半熟卵をつぶして…。
DSC02460
うひょお!たまらん!
DSC02463
とろけた黄身をご飯にまぶしていきます。至福の時!
DSC02467
米、タレ、黄身、チャーシューの最強コラボ。どこにもマズくなる要素がない!
DSC02472
うまっ!
甘辛のタレとチャーシューを黄身がマイルドにまとめてライスが受け止める。パーフェクト。
DSC02476
あとはガツガツとかき込んでください。飛行機乗って来た甲斐があったわ…。
DSC02479
チャーシュー、タレ、ライスのミルフィーユ。ドトールもビックリです。
DSC02482
ただし、中盛は相当多いw 僕のような40歳のおじさんは自重しましょう。食べても食べても減らない。
DSC02484
ふーーー。なんとか完食。もう動けない…。
DSC02485
営業時間が短いので、観光客の皆さんはお気をつけて。駐車場11台「しか」って東京感覚だと意味がわかりませんが、車社会だと違うんでしょうか…。
DSC02488
今治に加計学園を見に来たら、ぜひ寄ってくださいね!
DSC02487

お店データ

重松飯店 (シゲマツハンテン)
愛媛県今治市大正町5-4-47
0898-22-6452

=================================
著者をフォローしてみる→
LINEで更新を受け取ろう!→
フィード登録はこちら→follow us in feedly
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク