スポンサードリンク



カテゴリ:
ども。保険大好きファイナンシャルプランナーのたのっちです。

仮想通貨を選ぶ時に「何のために作られたコインなのか」は大切なポイントですよね。

ブロックチェーン技術で革命が起きる分野は第一に金融・保険・証券業界。決済確認のコストが大幅に下がることで恩恵を受ける業界だからです。

ファイナンシャルプランナーにはいろいろな学習科目があるんですが、メインは「保険」。人生のリスクをお金をうまく使って乗り切るアドバイスをするのが商売だったりします。

保険業界を変える仮想通貨「IXT」

そんな保険業界で使われる仮想通貨になろうというのが「InsureX(IXT)」

詳しくはホワイトペーパーを読んでいただくとして、保険と聞いていっちょ噛みしないわけには参りません。さっそく買ってみましょう。

IXTはHitBTCという海外市場で取り扱っています。2018年に入って10倍近い急騰をしており、めんどくさがらずに先月買っておけばよかったなあ…。と誰もが思っている草コインの一つです。
42
HitBTCはハードフォークにどんどん対応しており、取扱コインも豊富。昨年末にビットコインがどんどん分裂した時に一部界隈で話題となった取引所になります。

HitBTCで口座開設する

海外の取引所のため、本人確認もなく、メールアドレス一つで口座開設可。くれぐれも2段階認証を設定しておきましょう。
41
そして、HitBTCでもう一つ怖いのが、ブラウザを閉じてもデフォルトでは自動ログアウトしないこと。一人暮らしのデストップパソコンならまだしも、外に持ち出す可能性のあるノートPCなどは、ここを設定しておかないとあっという間に盗まれちゃいますからね。
07

取引はまず、Zaifビットフライヤーなどの国内販売所でコインを買い、送金するところから始めます。「Deposit」をクリックすれば入金用アドレスが表示されますが、サイトが重くてキビキビ動かないw。

ビットコインを預けるのが不安になりますが、2013年からやってる取引所で、最近ユーザーが急に増えて追いつかないんですかね。のんびりやりましょう。
03
僕は同じく海外の取引所Binanceからビットコインを送ることにしました。手数料は0.001BCだから1700円くらいですかね。
43
43
え、入金で手数料取るの!?
BlogPaint
0.1BTCを送ったら手数料引かれて0.0984になりました…。(Binance分含む)。悲しい。
17
では、「IXT」を購入しましょう。キリが良いので、500IXTにしました。日本円で15万円分くらいですかね。
46
購入後も上昇は続き、ブログ書いてる間にIXT446円になってました。500×446で…22万円3000円。美味しいですねえ。
51
雑草のように次から次へと生えてくる草コイン。IXTだって明日突然ゼロになるかもしれませんが、ブロックチェーン技術によって事務コストが下がれば、めぐりめぐって保険料が安くなるかもしれません。いや、むしろそれを売りにして低価格競争が激化することが消費者にとっては一番のメリット。

たった15万円ですが、その可能性と未来を応援できたらいいなと思います。XPも面白いですけど、実世界に与えるインパクトはゲームより保険のほうが大きいですからね。保険好きの人はぜひ一度ホワイトペーパーを読んでみてください。

HitBTCでIXTを買ってみる

僕が実際に口座を持ってるオススメ取引所

仮想通貨の口座開設はこちらから。口座開設まで時間がかかるから申込みはお早めにね。
コインチェック(アルトコインの種類が多い)
Zaif(手数料が安い)
ビットフライヤー(なんだかんだサイトが安定してる)
草コインを買うならBinance!2段階認証のバックアップを忘れんなよ!
Binance(圧倒的に手数料が安い)
KuCoin(日本語対応)

初心者向けの入門書

=================================
著者をフォローしてみる→
LINEで更新を受け取ろう!→
フィード登録はこちら→follow us in feedly
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク