スポンサードリンク



カテゴリ:
DSC03390
福岡に来たら必ず寄りたい店を1件だけ挙げろと言われたらここを選びます。

「うどん平(たいら)」
DSC03373
博多出身のタモリさんが愛するお店と言われており、番組でも「うどんはごぼ天」という名言を残したほど。

初めて訪れたのは4年前。あまりの美味しさに次の日も訪れてしまうほどの衝撃でした。
博多うどんってこんなに美味いのか!タモリさんおすすめの「うどん平」で感涙

そして2018年。うどん平よ!私は帰ってきた!

博多駅から歩いて10分弱

相変わらずの人気ですが、回転は早いので並んでおきましょう。
DSC03374
この日は13時前に行きましたが、15分ほどで入れました。
DSC03379
メニューはコチラ。かけうどん300円と激リーズナブル。いつか全種類制覇してみたい。
DSC03380

常に打ち立てのうどんを提供

自家製手打ち麺をその場で茹でていくため、製麺機は常にフル稼働。
DSC03381
ごぼ天も揚げたて。たまりません。
DSC03385
悩んだ末、今日は「肉ごぼ天」にしました!やっぱこれだよね。
DSC03387
さらに、朝から何も食べず飛行機に乗ってしまったので、かしわおにぎりも。
DSC03386

コシのない優しいうどんに癒やされる

まずはお出汁。いりこガツンながらも魚が立ちすぎず、「ほっ」とする味。うまいわー。
DSC03394
そして麺。やわやわのフルフルで、つるるっ!とノドが喜ぶ感触。
DSC03392
讃岐うどんが男麺だとしたら博多うどんは女麺。淑女のディープキスのように舌に絡みついてきます。
DSC03398
トッピングの牛肉が出汁に甘みとコクを加え、また違う表情を見せてくれます。
DSC03401
ごぼ天はサックサク!もうね、スナックですよ。タモリさんが「うどんはごぼ天」というのはこういうことかと再認識。
DSC03402

薬味は柚子胡椒で

テーブルに用意されているのは一味と柚子胡椒。九州!って感じがしますよね。
DSC03403

レンゲにとって加えると、今まで菩薩の顔をしていたお出汁の表情が変わります。
DSC03406
「甘えすぎないでよね」 

キッ!と眼鏡の女性に睨まれた感じ。だがそれがいい。

そして禁断のW炭水化物。美味いに決まってんじゃねえか!最高だよ!
DSC03407
あー、幸せ。マジで。明日も来ようかな。営業時間が短いので、行けるときに行っておかないと後悔します。それが「うどん平」。
DSC03409
福岡の皆さんありがとうございました。


お店データ

うどん平
福岡県福岡市博多区博多駅前3-17-10
092-431-9703(予約不可)

=================================
著者をフォローしてみる→
LINEで更新を受け取ろう!→
フィード登録はこちら→follow us in feedly
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク