スポンサードリンク



カテゴリ:
DSC03517
福岡出張の目的は、うどん平の「肉ごぼ天」と、ひらおの「塩辛」が8割を占めていると言っても過言ではないわけですが、繁華街のど真ん中にあった天神店がなくなり、出張族が肩を落としたのは記憶に新しいところです。(本店は福岡空港からけっこう歩く)。

【関連記事】【悲報】天ぷらひらお天神店、3月末で閉店

そんなひらおが、天神と隣の駅「赤坂」のちょうど真ん中あたりに「天麩羅ひらお」として生まれ変わっていたのです!
DSC03535

開店前からすでに行列

開店は10時半。15分前に着きましたがすでに行列です。観光客は僕だけみたいですね。
20180223_012654340_iOS
相変わらず良心的な価格設定。人件費の高い東京ではこの価格帯は無理だろうなあ。
DSC03512
880円の「いろどり定食」をチョイス。鱧が入って880円は衝撃的。
DSC03531
さらに単品追加も可能です。悩みますねえ。
DSC03515
天ぷらが来るのを待つ間に、ひらおと言えばこれ。サイドメニューが食べ放題なのですよ。
DSC03516
その中でも看板メニューはこの「塩辛」ゆず風味で無限に食べられてしまいます。
DSC03518
普段は食べない白飯がどんどんなくなっていく…。危険すぎる店、それがひらおです。
DSC03521

揚げたての天ぷらが次々と舞い降りてくる桃源郷

目の前のシルバートレイに揚げたてアツアツが載せられて行きます。天国です。
DSC03524
天ぷらはタレ派です。塩でカッコつけたりしません。天つゆ最高。
DSC03525
いか天。いかすバンド天国と言って通じる貴方は立派なおじさんです。
DSC03528
野菜を最も美味しく食べる調理法は天ぷらです。異論は認めません。
DSC03526
ピーマンがこんなに美味しいなんて。幼稚園児も飛びつくわ。
DSC03527
ささみです。ヘルシーです。気休めです!
DSC03522
ふっくら。ご飯とのマリアージュは世界遺産に指定したい。
DSC03523
そしてハモ。魚へんに豊と書いて「鱧」。味が豊かに決まってるじゃないですか。
DSC03520
ぷはー、幸せ。博多最高。今年中にまた行くぞ!
DSC03532
場所ははっきり言ってわかりにくいです。UR福岡営業センターの横なので、目印にしてください。
DSC03534

お店データ

天麩羅処ひらお 大名店
福岡市中央区 大名 2-6-20
赤坂駅から307m
=================================
著者をフォローしてみる→
LINEで更新を受け取ろう!→
フィード登録はこちら→follow us in feedly
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク