スポンサードリンク



カテゴリ:
ライブチケットの高額転売が社会問題となっている昨今、業界団体のロビー活動もあってチケットキャンプが廃業に追い込まれ、入場時の本人確認も当たり前になってきました。

矢沢永吉さんは「YAZAWAの勘」で全チケットの電子化に乗り出しましたが、しばらくは写真付きの身分証明書で転売チケットを確認するしかなさそうですよね。

そんな折、免許証の類を持っていないウチの嫁さんが、身分証がないのは不便だということで、原付免許を取りに運転免許試験場にいってきたんです。
20180608_091342583_iOS
ちゃんと勉強していったおかげで一発合格だったそうですが、受験会場には「安室奈美恵さんの入場に必要だから」という理由で受けに来てた人がちらほらいたらしいんですよ。ちょうど東京ドーム公演の前だったんですね。

Embed from Getty Images
原付免許にそんな需要があるんだ!と驚きまして、安室ちゃんのチケットガイダンスを見てみると…。
★以下(1)〜(7)より、1点お持ちください
 (1) 運転免許証
 (2) パスポート
 (3) 顔写真付きマイナンバーカード(通知カードは不可)
 (4) 住民基本台帳カード(顔写真付き)
 (5) 外国人登録証明書、在留カード、特別永住者証明書
 (6) 障がい者手帳(身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳のみ可)
 (7) クレジットカード(顔写真付き)

★18歳以下(3歳〜18歳まで)のご来場者様で上記(1)〜(7)の指定身分証をご用意できない場合
 以下(8)〜(11)より、2点お持ちください
 ※同種類の指定身分証2点は認められません
 ※来場する公演日での年齢が対象となります
 
 (8) 健康保険証
 (9) 学生証(顔写真あり、なし)
 (10) 戸籍謄本(発効日より6ヵ月以内のものに限る)
 (11) 住民票の写し(発効日より6ヵ月以内のものに限る)
なるほど、たしかにパスポートは作るのに1週間くらいかかりますし、マイナンバーカードも数週間かかります。直前に「公的身分証明書がない!」となったら、朝行って(合格すれば)午後もらえる原付免許は便利です。

一日2回受験できますし、運転免許試験場の周りには「裏講習」と呼ばれる塾みたいなとこがあって、ほぼ試験に出る過去問みたいなのを教えてくれるんですよね。

都会に住んでいると、免許って必要がないんですよ。車もバイクも乗らないですし。計画的に用意できるなら無料のマイナンバーカードがベストですけど、身分証明書代わりに原付免許持っておくっていうのはありだなあ。

僕、自転車乗りなんですけど、交通ルールしらないおばちゃんとかホントに危ないんですよ。原付免許の勉強すると、最低限の交通ルールは身につくので、交通事故を減らすことにも役立つと思います。

地方のヤンキーでも暴走族のお兄ちゃんでも合格できるので、本読んでがんばりましょう。



=================================
著者をフォローしてみる→
LINEで更新を受け取ろう!→
フィード登録はこちら→follow us in feedly
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク