スポンサードリンク



カテゴリ:
20181124_033905000_iOS

すっかり寒くなってきましたが、この季節の楽しみといえば「カキフライ」ですよね。

美味しいカキフライはどこに行ったら食べられると思いますか?

そう、魚市場です。

観光地ではないもうひとつの魚市場「足立市場」

20181124_035219158_iOS

東京の魚市場といえば築地市場が豊洲に移動して大騒ぎでしたが、東京にはもう一つの魚市場があります。それがここ「足立市場」。京成線の千住大橋駅から徒歩3分ほど、北千住からだと20分くらい歩いたところにあります。

20181124_031152857_iOS

足立市場の食堂街には、寿司の名店「武寿司」なんかもあるんですが、今日のお目当ては「カキフライ」。

20181124_035203393_iOS

数件となりの椎橋食堂さんにやってきました。

20181124_035119000_iOS

「時価」を頼めるようになったら大人の仲間入り

店の入口に大きくはられた「赤崎産入荷 カキフライ 時価」の文字。三陸大船渡の高級牡蠣の産地「赤崎」のカキフライですよ。これはやべえ。

20181124_035126000_iOS

時価っていくらだろう…ドキドキしながらお店に入ると、カキフライは1200円!(定食にすると1550円)。サラリーマンのランチにしては高いですが、市場に入荷したての赤崎の牡蠣ですよ。豊洲のように観光地価格でボッタクられることもなく、良心的な値段だと言えるでしょう!

20181124_031343000_iOS

椎橋食堂さんは市場で働く人たちのためのお店なので、昔ながらの定食屋さん。昼前に行きましたが、市場の皆さんは一杯やってる時間でした。観光客はほとんどいません。

20181124_031407000_iOS

待つこと15分。カキフライ定食がドーンとやってきました1

20181124_033825000_iOS

うひょう!カキフライがデカイ!火を通してこのサイズってことは、生のときは相当大粒ですよこの牡蠣は。

20181124_033858000_iOS

こんなにいい牡蠣に、いきなりソースをドボドボかけてはもったいない。レモンを絞ってそのままいただきましょう。

20181124_034131000_iOS

牡蠣が甘い!生臭さもない!口いっぱいに広がるミルク感。これは魚市場ならではのフレッシュさです。うまい!

20181124_033958000_iOS

ソースはキャベツだけにかけて、口の中に余韻があれば十分。牡蠣はレモンだけで!

20181124_034150000_iOS

味に変化をつけたいときはカラシが付いていますので、刺激を楽しんでください。

20181124_034606000_iOS

普段は食べない白米ですが、このジューシーなカキフライを載せたらとんでもない破壊力!

20181124_034259000_iOS

箸休めも充実していて、これぞ食堂って感じです。

20181124_034105000_iOS

お会計はなんとそろばん。レジなんてありません。最高ですね。

20181124_034813000_iOS

お店は朝5時半からお昼1時半まで。平日が難しいという方には土曜日もやってますので、ぜひ穴場の足立市場へ来てみてください。豊洲みたいに飲食店に何時間も並ぶ必要まったくないですから。

20181124_035145132_iOS

あー、美味しかった…。ごちそうさまでした!




=================================
著者をフォローしてみる→
LINEで更新を受け取ろう!→
フィード登録はこちら→follow us in feedly
プロフィール、連絡先はコチラ


スポンサードリンク