インデアンスパゲティ・ダブル

5



スポンサードリンク



カテゴリ:
7401206e.JPGふたたび、TOKIAのインデアンへ。
カレーライスよりむしろ、カレースパゲッティを食べたくて。
そして今回、初めて挑戦するのが「ダブル」

ダブル。つまり、倍である。
普段、何気なく「大盛りで」と口にしているが、
注文のとき「ダブルで」と言うと、
店員さんに「2人前ですね?」と返されてしまった。
「ダブル」は「2人前」なのだ。
トッピングに卵をつけたので、これで1410円。
ひーー。もうしません(>o<")

甘い・辛い・甘い・辛いを繰り返して、あっというまに間食。
ん。うまい。次はハヤシライスに挑戦しよう。

そうか、僕の普段食べている大盛りは2人前だったのか。
しかし、普段食べている「ジャポネ」の横綱のほうが
明らかにお腹がいっぱいになるのである。750円で。
(麺が太いからだと思うが・・・)
インディアン横綱

そしてこの2大カレースパゲッティを続けて食べてわかった事がひとつ。
たとえ「大盛り」の方が量が多かったとしても、それは「1人前」なのである。

「2人前」食べていいのは、妊婦さんだけの特権にしておこう。




早起きは・・・

5






052e113b.JPG「早起きは3文の得」とは言ったものですが、
徹夜明けは・・・得することもあります。

この半年で僕の体重を3Kg押し上げた原因は、
「朝ごはんを食べて寝る」ですが、
そのリスクを冒してでも食べたいモノが築地にはたくさんあります。

今朝の一品は、「きつねや」さんの「肉豆腐」
真っ白なご飯に、甘辛い醤油味の肉豆腐を乗せて、
そこへ生卵を・・・・


・・・うまいよう・・・

そろそろ寒い季節です。海鮮系の丼より、
ほっかほかの肉豆腐。あなたも徹夜明けにいかがですか?


「きつねや」
中央区築地4-9-12 場外なんですぐに見つかりますよー。

http://gourmet.livedoor.com/item/700/i21174963/


続・謎のカレー

4






カテゴリ:
9ab0d768.JPGインディアンカレー・丸の内店
2度目のチャレンジはそう、「スパゲッティ」

今回のオーダーは「大盛り・玉子」
にしたのですが・・・・

ふむふむ。麺はやや細め、ジャポネの極太麺に慣れているせいか、
サラダスパのように見えなくもない。

クルクルっとまいて、口に運ぶと・・・

うーん。やっぱり甘いw
そして、3秒で辛くなる。
不思議な味だなあ・・・

ただし、このやや細いスパがポイントだったのである。
ルーがよくからむことからむこと。
たっぷりのカレールーと、スパゲッティが口の中で踊るのである。
美味くないはずがない。

ご飯より、スパゲッティのほうが、僕は好きだな。
もう玉子とか麺にからんじゃたりしちゃったりすると
たまらないわけですよ。

オマケに、夜・大阪出身の芸人さんに
「あちらでインディアンってカレー屋さん、有名ですか?」と聞いたら、
「東京の人は好きやねー。インディアン。みんな行きおる」
と、返ってきましたとさ。
東京に支店が出来たことを伝えると、喜んでました。
テイクアウトとか出来ないのかなあ?

唯一、難を上げるとするならば、食べ終わった後の
口の中の甘ったるさをなんとかしてほしい。
コーヒーとか出して欲しいなあ。


銀座方面にお勤めのアナタ、ぜひご賞味あれ。

インデアンカレー 丸の内店
東京ビルTOKIA B1 (フォーラムのお向かい)
http://www.indiancurry.jp/


不思議なカレー

4






インデアン

グルメブログの達人たちが、「旨い」「うまい」と言う。
そんな店が通勤路にあったらどうします?

行くしかないですよね?

と、いうわけで、11月11日にオープンしたばかりの
「TOKIA」(フォーラムのお向かいですな)内
インデアンカレーに行ってきました。B1です。

午後3時ということもあって、並ばすに入れて一安心。
注文したのは、ルー・ご飯大盛り。

とにもかくにも一口ぱくり。

・・・・・甘い!?
と思ったのもつかの間、1秒後には辛味が口全体に広がる。
かといって甘みが消えるわけでもない。
「な、なんじゃこりゃ?」
というのが素直な感想。
カレースタンドで出てくるカレーとしては、最上級の味と言って
差し支えないが、この甘辛さには驚いた。是非経験して欲しい。

ただ、失敗はルーも大盛りにしてしまったことか。
ルーはレギュラーで、大盛りにしたご飯に玉子を乗せるべきだったな・・・

次回は、スパゲティにカレーをかけた方にチャレンジしよう。


カレーを食べて店を出て、自転車にまたがって会社へ戻る頃には、
口の中の辛味は消え、甘さだけが残っていました。
僕は一体何を食べたんだ?

・・・と不安になること請け合い。






「100は100でいいんだよ!120やる必要は無い!」

んだそうです。仕事って。

以前からウチの上司に、「10万円の仕事は、10万円分しかするな」とか、
「自分の仕事じゃないことに関わるな」とか、
ずっと言われ続けて早6年、「ダメな会社だなー」と思い続けながら、
シカトぶっこいて徹夜で仕事する毎日だったのですが、
今日はクライアントの放送局の偉い人にまで言われてしまいました。

仕事って、プロってそんなもんなのかなぁ。

多分、大人としては、ビジネスとしてはそれが正しいのだろうけど、
面白いことやりたくてこの業界にいるんじゃないのかなぁ。
自分の出世とか、家族とか、守りに入るとそれが当たり前なのかなぁ。
だって、面白くしたいじゃん。せっかく聞いてくれる人、いるんだから。

「それは自分の仕事じゃない」
「なんでそれまで私がやらなきゃいけないんですか?」
と平気で言える先輩方を見て来て、ものすごく憤りを感じていたのですが、
雇い主に言われるとこたえるなあ・・・

未来ねえなあ・・・この局もウチの会社も・・・
だから子会社に収まるんだなあ・・・
まあ、AMラジオに未来もへったくれもあったもんじゃ無いんですがね・・・


そんなことがあってから、今日の夕方の中継で
某IT(Webコンテンツ)の会社へ中継へ行きました。
なんていうんでしょう、会社全体が勢いに乗っているというか、
ものすごい活気、オーラにあふれていました。
右肩上がりの業界と右肩下がりの業界。



正直、いろいろ考えさせられる一日でした。




30歳になったら、考えようっと。



このページのトップヘ

見出し画像
×