スポンサードリンク



学生時代に習いましたが、
まさか戦場の真っ只中で見学できるとはねえ・・・

ついに親会社フジテレビがトカゲのシッポ切りに出ましたね。
上場廃止を目標に、まずは決議権を取り上げるべく、
強引に持ち株比率25%を目指してくるとは・・・
しかも目標を変えたということは、なりふり構わずに買いに走るでしょうし。

これでジャブローのモグラどもは大騒ぎですよ。

ここまでされて、いまだCXに頼るようじゃお先ないなあ・・・

ま、指揮官が換わっても、現場は馬車馬のままなんですけどね。

この3連休、水面下で大人がうごめくんだろうなあ。

・・・おお怖。









連日、ニッポン放送・ライブドアの株価が大騒ぎなわけですが、
同業者としてみれば「うわー。おもしれー」
ぐらいのモノだったりして^^

ただ良くも悪くも、たかが1ラジオ局が、コレだけ話題になるというのは
嬉しいもので、いつの間にかNHKと朝日新聞の話も忘れられつつあります。

文化放送も着々と新社屋の建設は進んでいるし、TBSラジオも聴取率トップで
頑張っているわけで、こういうときはAMのほうが会社としてデカいんだなあと
(まあ200人規模なんですが)思ったりもしています。

ま、テレビの人から見ると、小さなどうでもいい話だとは思いますが。

これを機会に、ラジオ聞いてくれる人が増えると嬉しいなあ・・・
今、AMが熱いすよ。









「球団」より「ナイター放送権」の方が、
お買得だったのでしょうか。堀江社長。

確かに、ラジオは未来のない寸詰まりのメディアになりつつあります。
聴取率「3,0%」で大金星みたいな世界は、
もはや「マスコミュニケーション」ではないのかも知れません。

それをネットと組み合わせることで、もう一度ラジオに存在価値を
見いだそうとしてくれたことには、ラジオ関係者として感謝します。
ただし、東京の放送がネットでいつでも聴けるようになると、
さらに地方局の存在価値は下がるなあと、心配事もあります。

ラジオ業界も、とってもガチガチな旧体制です。
どてっ腹に風穴を空けてくれることを期待しつつ、
しばらくはこの騒動を楽しもうと思います♪

オールネットニッポンとかできるのかな?






このページのトップヘ

見出し画像
×