スポンサードリンク



カテゴリ:
フジテレビ「とくダネ!」でやっていた、「水島シェフの科学調理法
冷たいフライパンに鶏肉を乗せてから、弱火で無駄な水分を出し、それをキッチンペーパーでふき取るというもの。なにやら、最初に出てくる水分には、「アク」が含まれているので、これを除くと美味しくなるという。

ほんとかよ。

さっそくグラム39円の鶏胸肉を用意しました。主婦の味方。
09

火が通りやすいように、隠し包丁。
07
こんな感じ。
15
軽く塩胡椒。
20
冷たいフライパンに油を引いて…
44
皮を下にそのまま肉を乗せる。不思議な調理法。
11
弱火でじっくり焼きます。
38
おお、水出てきた。
08
クッキングペーパーでふき取ります。
47
こんなに水出るんですね。
54
コレくらいになってきたら
11
ひっくり返してまだ弱火。
38
火が通りました。
40
やばい!皮はパリパリ!中ジューシー!
54
胸肉なのに、パサパサ感なし!弱火すごい!
28
焼き加減は肉の重さが80%〜85%になったら、だそうな。ちょっと凄すぎて信じてみたくなった。水島シェフ。

お試しあれ。

◆水島式鶏胸肉の焼き方
1.冷たいフライパンに油をひき、皮目を下に鶏胸肉をのせてから火にかける。
2.しばらくするとアクが出るのでキッチンペーパーで全て拭き取る
3.半分ほど白くなったら裏返す。
4.全体が白くなったら取り出し計りにかける。
肉の重さが元の80〜85%の重さになっていたら火が通ったサイン。
http://yaplog.jp/cank/archive/1458




スポンサードリンク