カテゴリ

カテゴリ:読書感想文

童話「かちかち山」を大人になって読んだら超怖かった

カテゴリ:
小1の息子が学校の図書室から絵本を借りて帰ってきました。
R0011357

「かちかちやま」懐かしいですが、そういえばどんな話だったっけ。

「タヌキがかちかちと火打ち石で火を付けられる話」というざっくり記憶はあったのですが、あれ、なんで火をつけられたんだ?この表紙からして、犯人はウサギだよな、と小さな疑問が湧いたので、読んでみることにしました。



スポンサードリンク

新入社員になめられ出したら読むべき一冊「無理・無意味から職場を救うマネジメントの基礎理論 18人の巨匠に学ぶ組織がイキイキする上下関係のつくり方/海老原嗣生」

カテゴリ:
いつの間にか6月。新入社員も3ヶ月目に入り、教育係のあなたを「この人社内で暇だからメンター(教育係)押し付けられてるんだ」と気がつき出す頃です。

最近の若い者は優秀でこまりますね。

そんな時はもう理論武装しかありません。ボクの尊敬する「雇用のカリスマ」海老原嗣生さんの新書「無理・無意味から職場を救うマネジメントの基礎理論 18人の巨匠に学ぶ組織がイキイキする上下関係のつくり方」を読みましょう!






才能の無駄遣いが一冊に!【至急】塩を止められて困っています【信玄】/スエヒロ著

カテゴリ:
ゴールデンウィーク、読書でもしながらのんびり出来ましたか?

同僚のみんなが休日出勤している中、1人だけカレンダー通り+有給を取って沖縄へ行くという恐ろしい2015年の連休を過ごしてしまい、恐悦至極に存じます。

そんな道中の飛行機で笑いをこらえながら読んだ1冊がこちら。

著者のスエヒロさんは、GW返上で毎日ニュースを送り続けるLINE NEWSの編集長。部下にボクとnarumi師を抱えて2年、小早川秀秋と明智光秀が配下にいるような日々を過ごしながら、いつの間にこんな本を書き上げていたのでしょうか。マジ親方様リスペクトです。




就活解禁日にどうしても読んで欲しい1冊「日本で働くのは本当に損なのか−海老原嗣生」

カテゴリ:
本日3月1日から会社説明会が解禁され、本格的な就職活動がスタートしました。
DSC_0153

2016年春の採用に向けた企業の会社説明会が1日解禁され、大学3年生らの就職活動が本格的にスタートした。経団連の日程ルールが変わり、開始時期がこれまでより3カ月遅くなった。

面接などの選考活動の解禁も4カ月繰り下げられ、4年生の8月1日に変更。一方、正式な採用内定の解禁は10月1日に据え置かれたため「短期決戦」となる。−日本経済新聞

渋谷ヒカリエでも合同説明会が開かれていて、朝からリクルートスーツの若者で1個しかないコンビニがごった返しています。こちとら休日出勤するサラリーマン。コレが社会の厳しさだぞと小一時間説教したいところですが、その前に就活生にオススメしたい1冊があります。




ベストセラー間違いなしの名著「やせたいならコンビニでおでんを買いなさい」に足りないものを見つけたので補完する

カテゴリ:
間違いなく売れるであろう新書やせたいならコンビニでおでんを買いなさい
20150206_085631001_iOS


「1ヶ月半で10.5Kg」の減量に成功したイケメンカリスマブロガーの@narumiこと鳴海淳義師が管理栄養士の監修で執筆した初のダイエット本。処女作というか文字通り筆おろしの書きおろし。
DSC_0055


全200ページでさらっと読める分量ですが、思った以上にカッチリした糖質制限ダイエットマニュアル本です。この本に書かれたとおりの食生活を送れば、サクサクっとやせるでしょう。



このページのトップヘ

見出し画像
×