カテゴリ

カテゴリ:読書感想文

「圧力で記事を書き換えたことは一度もない」元フジ・安倍宏行さんからご回答いただきました

カテゴリ:
元フジテレビ報道局・安倍宏行さんの本「絶望のテレビ報道」の読書感想文を書かせてもらいました。
TV局員のネットリテラシーが低いのは"ライブドア"と"楽天"のせいだった−絶望のテレビ報道:安倍宏行

絶望のテレビ報道 (PHP新書)

安倍 宏行 PHP研究所 2014-07-16
売り上げランキング : 338
by ヨメレバ

堀江貴文さんや為末大さんをはじめ、沢山のリアクションをいただきありがとうございます。


そして、安倍宏行さんご本人からもお返事を頂いてしまいました!




スポンサードリンク

TV局員のネットリテラシーが低いのは

カテゴリ:
「ニュースJAPAN」で滝川クリステルアナの横に座っていた、報道局の安倍宏行さん(@senorbarba)がフジテレビを辞めて独立、本を出されました。
R8044152
TV局の人間は驚くほどネット・リテラシーが低い。他の業界と比べても低い方ではないか。確かに、管理職の人間が若かりし頃、インターネットは普及していなかった。そして、もっと不幸なことは、二〇〇五年二月、フジテレビは堀江貴文氏率いるライブドア(当時)に、続いて十月にTBSは三木谷浩史氏率いる楽天に買収されかかった。結果、どちらの局も買収は免れたものの、IT企業を敵視するようになった。
(中略)
ライブドア憎しの空気は報道局にも蔓延し、ツイッターで呟いたり、フェイスブックに投稿したりすることははばかられる状況だった。しかし、私はそんなことはお構いなしに、さっさとツイッターに実名でツイートし始めたし、フェイスブックにも気にせずアカウントを作った。ある時、上司がすれ違いざま、ありがたくも忠告(?)してくれた。「おい気を付けろ。あっち側の人間だと思われるぞ」。あっち側もこっち側もあったもんじゃないが、部下の行く末を思ってくれる上司に感謝しながら、TV局の将来は厳しいな、と思わざるを得なかった。


目玉マークの名刺を捨てて、「あっち側」に転職したボクが通りますよ!



【新入社員必読】

カテゴリ:
"企画は、ひと言。"
企画は、ひと言。

石田章洋 日本能率協会マネジメントセンター 2014-05-30
売り上げランキング : 4003
by ヨメレバ

この本を「ひと言」で言うと
「放送作家が会議で企画を通すテクを惜しみなく披露した本」
ってところでしょうか。

ボクも20代のころは放送作家さんとあーでもないこーでもないと会議室に缶詰になっていたので、もっと早く書いてくれれば良かったのにー!っと思った一冊でした。




【読んだ】ネットは

カテゴリ:
メディアの苦悩――28人の証言 (光文社新書)

長澤 秀行 光文社 2014-05-15
売り上げランキング : 1437
by ヨメレバ
もう、メディアは何をやってもダメなのか――?「マスゴミ」「オワコン」と言われる新聞・テレビ・雑誌と、炎上など様々な社会問題を引き起こすネットメディア。元・電通のデジタル・ビジネス局長が、苦悩を続けるトップたちへの直撃取材を元に、これからの「メディアの役割」をあぶり出した渾身のインタビュー集です。登場するのは、津田大介氏、川上量生氏、フジテレビ亀山社長、朝日新聞木村社長、東浩紀氏、中川淳一郎氏、元・電通副社長森隆一氏、アリアナ・ハフィントン氏らメディアの先駆者たち、総勢28名。メディア関係者、マスコミへの就職を考える学生たちの必読書!
07

帯広でメディアのお話をする機会があり、機内で読みながら向かいました。元電通の偉い人でサイバー・コミュニケーションズの社長を務めた長澤秀行(@naga8888)さん初の著書です。



就活生は全員読んどけ「日本で働くのは本当に損なのか/海老原嗣生」

カテゴリ:
就活生、並びに4月から新社会人になる諸君、これは読んでおいたほうがいい。
日本で働くのは本当に損なのか (PHPビジネス新書)

海老原嗣生 PHP研究所 2013-10-19
売り上げランキング : 132782
by ヨメレバ

ブラック企業、終身雇用の崩壊、うつ病の増加……。それでも滅私奉公を続けますか?
なぜ日本人は、上司や会社の悪口を言うのか、なぜ日本人は、なかなか転職しないのか、なぜ日本では、女性活用が進まないのか―欧米型雇用と比較して日本型雇用の本質を鋭く分析し、まことしやかに信じられている常識を覆す。学生から、管理職まで、企業の雇用問題を知る上で必読の一冊!




このページのトップヘ

見出し画像
×