タグ

タグ:ビジネスクラス

ANAビジネスクラス初搭乗レポ 機内食とフルフラットシートで大人になってきた

カテゴリ:
大人になるってどういうことだろう。

思春期に悩んだものですが、答えは簡単。大人になるってことは、ビジネスクラスに乗ることさ。 ANA001

ANA羽田ー北京のビジネスクラスに乗ってきた

というわけで羽田空港のビジネスラウンジにやってまいりました。人生2度目のビジネスクラスは「ANA」。初の日本企業でございます。(1回目はフィンエアーでした)。
ANA002

ビジネスラウンジという飲み食べ放題天国

ヤングなみんなに説明しておくと、ビジネスクラスやプレミアムシートの人が入れる「ラウンジ」ってところは、年中「食べ放題・飲み放題」のワンダーランド。すたみな太郎のカッコイイやつさ。
ANAラウンジ003

スポンサードリンク

ビジネスクラスに乗った記念に成田空港「カンタス航空ラウンジ」で贅沢を満喫してきた

カテゴリ:
フィンエアーのビジネスクラスで英国へ旅してきたのですが、ビジネスクラス最高のオプションと言えばそう、「空港ラウンジ」を利用できること。成田空港出発前からラグジュアリー感が溢れまくってます。ロマンスがありあまる。
finair-47

カード会社のラウンジとは一味違う


クレジットカードの特典などでついてくる提携カードラウンジのさらに上を行く「航空会社のラウンジ」です。フィンエアーのビジネスクラス搭乗者は、同じワンワールドでオーストラリアのフラッグキャリア、カンタス航空ラウンジを利用することができます。
finair-49

受付のお花がすでに超上質。
finair-50

上司の出張のお供や、国内線プレミアムクラスでラウンジを利用したことがありますが、ちょっとレベルが違う。
finair-59

人で込み合ってることもないし、設備も充実。
finair-92

無料ドリンク充実しすぎ

まずは生ビールがプレモルw
finair-86




人生初のビジネスクラス搭乗記なので、フィンエアーの人にマナーと楽しみ方を聞いてきた【ドレスコードあり】

カテゴリ:
おはこんばんちは。たのっち(38歳既婚、息子小1)です。私は今、フィンランドのヘルシンキ空港に人生初のビジネスクラスで向かっています。
finair-99

英国政府観光庁(@VisitBritain_JP)とフィンエアー(フィンランド航空)が主催する「VisitBritain&Finnair Bloggers Trip」に参加させてもらっているのですが、最初お誘いをいただいた時は耳を疑いました。

「フィンエアーのビジネスクラスで、英国に行ってみませんか?」

び、びじねすくらす、ですって!?

ビジネスクラスといえば空飛ぶホテル。会社の役員が経費削減など顧みず、はっはっはーと乗るイメージしかありません。

しかもフィンエアーはファーストクラスがないので、実質最上級のグレードになります。お値段は時期や混み具合によって変わるらしいですが、一番高い時期だと、1フライト(往復)115万円もするそうです。軽自動車買えるやんけ!

そんなビジネスクラスに乗るなんて、一生ないだろうなと思い、今こうやって異常に快適な広々としたシートで原稿をしたためています。生きててよかった。
finair-245

ビジネスクラスには、ドレスコードがある


事前のミーティングで最初に言われたのが、「ビジネスクラスにお乗りになる際には、ちょっとだけ身なりを気にしてくださいね。たとえばTシャツ短パンとかで乗るのはやめてくださいね、航空機から降ろされちゃいますよ。(笑)」との一言。

え、乗り物にドレスコードなんてあるのか!




このページのトップヘ

見出し画像
×